アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 企業担当者様へ > いばらきコンテンツコレクションから見る地方進出の可能性と地方公共団体の取り組み アニメゲーム漫画業界の未来

アニメゲームマンガ業界 経営者向け情報満載です

2016.03.08 いばらきコンテンツコレクションから見る地方進出の可能性と地方公共団体の取り組み アニメゲーム漫画業界の未来

今回は、2016年3月6日に秋葉原UDXで開催された「茨城コンテンツコレクション」についてご紹介させていただきます。実際に私もお邪魔させていただきました。

ibarakiいばらきコンテンツコレクションってなに?

まずはいばらきコンテンツコレクションとは何なのか、公式ホームページ(http://www.i-contents.jp/icc/)から言葉を拝借します。

”いばらきコンテンツコレクションは、茨城県を拠点として活動するクリエイターの展示会です。マンガ・ゲーム・アニメ・キャラクターなど、茨城生まれのコンテンツとの出会いの場として企画されました。「あ、こんなのも作ってるんだ。」と、茨城県の新たな側面を感じていただければ幸いです。”

茨城とクリエイター、アニメ、ゲーム、漫画、キャラクターと聞いてもいまいちピンと来ない方も多いかと思いますが、実は県民一体となってクリエイティブ産業に力を入れています。

shutterstock_341393339東京への人口集中

地方からすると、東京という土地に憧れを抱いている方も多いようですが、生涯働き続ける場所として東京を選べる方ばかりではないはずです(http://raku-job.jp/news/recruitment/9487/)。2016年2月段階での東京都の人口は約1350万人です。2016年2月時点の概算では、日本全体の人口は約1億2680万人なので、日本全体の1/10以上が東京に集中していることになります。さらにアニメゲーム漫画業界においてはさらに東京への集中は顕著で、ラクジョブ調べによると、クリエイターの約1/6が東京に集中している計算になります。

なぜ東京にそれほどまでにクリエイターが集中しているのか。その理由の一つは企業の集中です。わかりやすくアニメ業界を例にとって説明すると、アニメは何百名もの人が集団で制作して初めて1本の作品ができます。普段何気なく見ている30分アニメ(実尺21分)を週に1本制作する労力は並々ならないいものがあります。その30分の制作のためにアニメ会社は基本的に練馬、荻窪近辺に密集しています。制作進行は原画、動画の回収を含め、全てのセクションの管理を直接に間接にこなしていく必要があるため、企業同士も当然それぞれが近くにオフィスを構える必要があります。

pic_tour01茨城で働くために

では、それほどまでに東京に企業やクリエイターが密集してしまっている中で、茨城という土地は企業やクリエイターたちが働き得る環境なのでしょうか。もちろん可能です。一つには、急激なデジタル化があります。アニメも作画アニメーションのみならず、CGアニメーションも増えています。また、ゲームもそういった意味では、茨城での開発が可能です。実際茨城でスマホゲームからPCゲーム、コンシューマーゲームまで一手に開発が可能な会社もあります。

また、クリエイターさんの中にはやむを得ず実家に帰らなけらばならないという人もいるはずです。そして、これからの高齢化社会が進行していくと、この傾向は今後さらに加速していくでしょう。すでに地方に支社を出すアニメゲーム系の会社も増えています。地方復興という考え方もあるでしょうし、東京という激戦区で優秀な人材を採用できる企業が大手のみに限られてしまっているという状況もあります。オフショアでの開発が一般的になっているように、地方の人材の活用も今後の鍵になっています。

kenpoku茨城で働きたいクリエイター・茨城に支社を出したい企業へのメリット

茨城では、クリエイティブ企業の進出支援を行っています。例えば、シェアオフィスの整備や事業所設立にかかる経費の支援などがあります。また、地域の大学、専門学校とのハイプも整備されており、茨城大学工学部、茨城工業高等専門学校、茨城キリスト大学、文化デザイナー学院の学生にコンタクトを取ることができます。

地方進出のメリットは大きく分けて2つあります。1つは地方の支援が受けられること、もう一つはその地域にあるというだけで差別化を図ることができ、競争に巻き込まれず、採用や仕事ができるということです。ぜひ地方進出、海外進出などをお考えの会社様がいらっしゃればまずはお気軽にご連絡ください。逆に地方にもっと企業と人を呼び込みたいという場合も歓迎です。アニメゲーム漫画業界の発展のためにも喜んでご協力させていただきます。

toiawase-1024x226-1

この記事を書いた人

松村優

松村 優ラクジョブ運営・メルマガ発行責任者 » 詳細プロフィール

早稲田大学法学部より新卒でラクジョブ会社の運営スタッフへ。アニメゲームマンガ、特にアニメへの想いは熱い。ジョジョでは7部の大統領が最も格好いいと熱弁し、スタッフ内で激論を交わす。松村が担当する求人は的確なフォローによりうまく行く確率が上がる!・・・故にそこら中からフォローを依頼されて仕事だらけな人気者。

ラクジョブ資料請求

このブログを書いた人

松村優

松村 優

ラクジョブ運営・メルマガ発行責任者

早稲田大学法学部より新卒でラクジョブ会社の運営スタッフへ。アニメゲームマンガ、特にアニメへの想いは熱い。ジョジョでは7部の大統領が最も格好いいと熱弁し、スタッフ内で激論を交わす。松村が担当する求人は的確なフォローによりうまく行く確率が上がる!・・・故にそこら中からフォローを依頼されて仕事だらけな人気者。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook