アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > コンシューマーゲーム業界への就職活動は有利か不利か?(後編)【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2019.06.07 コンシューマーゲーム業界への就職活動は有利か不利か?(後編)【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

img_0719ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします! ちなみに本日の猫は「シンクを我が物にする猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは前回に続き
「コンシューマーゲーム業界への就職活動は有利か不利か?(後編)」です。

さて、昨日はソーシャルゲーム業界と家庭用ゲーム業界の市場推移を簡単にまとめました。それによると、ソーシャルゲーム業界は2017年以降少々伸び悩んでいますが、家庭用ゲームはハードの売上が緩やかに復調しており今後が期待できるということでした。

では今後の就転職はコンシューマーを目指すべきなのか?という話を今回はします。

あなたが働く40年間で何が起きる?
あなたが20代半ばくらいで社会人経験を数年積んでおり、今現在転職を考えているとしましょう。仮にこの先65歳まで働くのだとしたら、少なくともあと40年近くの労働年数があるということになります。今から40年前というと1979年。奇しくもインベーダーゲームの大ヒット年ですが、もちろん当時ゲーム業界は今ほどの市場規模ではありませんでした。当時人気があった就職先は自動車等の製造業。リクルートの就職ブランド調査によると理系学生の就職人気ランキング上位には日立製作所やトヨタがあり、6位にソニーが入ってはいますが、当然このころソニーはゲーム制作をしていません。

ソニーがSCEを設立してゲーム事業に参入したのは93年ですが、その4年後の97年にはコンシューマーゲーム市場規模が7500億円を超えるというピークを迎えています。仮に79年にインベーダーゲームを見て衝撃を受けた20代の若者がゲーム業界に入ったなら、彼が40代で働き盛りの頃には、「この業界を選んで良かった」と思えたことでしょう。

CESAゲーム白書より

CESAゲーム白書より



しかし、早くも7年後の2004年にはコンシューマーゲーム市場規模は4300万弱へ。その後任天堂のDSリリースなどで若干持ち直しますが、ソシャゲの台頭などもあり、2016年にはかつての半分以下の厳しい市場規模に追い込まれます。まだ市場というべきものもなかった時期から考えると大幅なアップダウンがあり、必ずしも当初の就職時点からずっと安泰とは言い難いものです。

10年単位で変わる業界と、変わらないもの
前回書いたように、ソーシャルゲーム市場は2017年で一度ピークを迎えました。ソシャゲが生まれた時期から考えるとピークまで10年もかかっていません。こう見ると、40年後も同じような市場規模でソシャゲが残るかどうかは懐疑的です。

ファミ通ゲーム白書2018より。

ファミ通ゲーム白書2018より。



結果、ソーシャルゲームの方がサイクルが短く危ない、という見方も当然できますが、コンシューマーでもソーシャルでもない第3のゲームが出てくる可能性もあるため「今はコンシューマーが安心安全」というのもかなり尚早な結論の出し方です。
今盛り上がっているからといって、その業界がずっと安泰とは限りません。しかし注意して欲しいのが、この40年でゲームという概念自体は消えなかったことです。プラットフォームや海外展開など概念の変化はあれどゲームはずっと存在しました。あなたがクリエイターなら、プラットフォームやゲームの在り方にこだわらず、自分の過去の実績だけでこれからの将来を決めるのではなく、やりたいことを主眼に置くという視野の持ち方こそが最も就転職活動を有利に運ばせてくれます。

ソーシャルゲームが出た頃も「携帯ゲームはゲームじゃない」という意見が多数派で、今のようなゲームバブルは誰も想像していませんでした。しかし、そういった意見を持った会社も、今ではソーシャルゲーム開発を行っています。「面白さへのこだわり」は常に持ちながら、ゲームの概念は自分が広げるという気概で就転職活動を行うと、活動自身も少し違った見え方をしてくるということを覚えておきましょう。

次回は「試用期間に対する考え方」について!

toiawasenew
「就転職コラム+猫」シリーズ、一番最近の記事はこちらから!

【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】コンシューマーゲーム業界への就職活動は有利か不利か?(前編)



 

【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】エロゲ業界に未経験で入るにはどうすれば?



 

【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】会社のHPから、自分に合った会社を見つけ出すには?

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook