『オススメ求人』~ゲームは死んだのか?~株式会社そらゆめ

久々のラクジョブ会員向けブログ、
いきなり、業界特化求人サイトらしからぬタイトルですが
本日は、「株式会社そらゆめ」の求人を取り上げるとともに
モバイルゲームというものについてお話いたします。

モバイルゲーム...志望してないや、と思いました?
それなら、もったいないですからなおさら読んでください。


さて、「ゲームは死んだのか?」
...正確に言うと、死にかけているのでしょうか?
ゲーム業界の市場規模は08年比6.9%減の5426億円で、2年連続で縮小しています。
商品レベルでいえば、オリジナル作品は減り、
無難なシリーズもの、スピンオフもの、移植が商品棚を飾っています。
現場レベルでいえば、例えば20年前にはよく見られた、
「2,3年目くらいの社員に企画を1本任せる」というような光景はまずありません。

どちらにしても、挑戦したい!この企画を通したい!!という就転職希望者には
なかなか望まない形になっています。


...しかし先ほどの「縮小」の話、ひとつ見落としがあるのです。
それは、「モバイルゲーム、SNSアプリ」業界について、触れられていないということ。

mixiのオープンプラットフォーム化に伴い
モバゲー、GREEといったモバイルゲーム会社が、
どんどんゲームの開発を進め、順調に拡大を進めています。
モバゲーを運営する株式会社DeNAは、
300社近い選考開発パートナーをピックアップしています。

必要なのはとにかく良い開発会社と良い企画、良いゲーム!
今、企画力と開発力が欲しいのは、実はモバイルゲームなんです。


モバイルゲーム、それでも興味ないですか?
コンシューマーと違って派手じゃないから?
モバイルは、ゲームじゃないと思うから?

違うんです。今まで、モバイルゲームは
可能性を秘めているにもかかわらず、「地味」「移植中心」というイメージを植え付けられていただけなのです。

そんな中、
「モバイルゲームは移植が全てじゃない!!!」
「モバイルゲームはもっと良くできる!!!」
そんな思いを持って自社コンテンツを開発しているのが、
・・・お待たせしました。今回のオススメ求人、「株式会社そらゆめ」です!

株式会社そらゆめ求人ページ
http://raku-job.jp/job/176

そらゆめは、モバイルでの自社コンテンツを通じて
もっと面白いモバイルゲームを作ることを目指しています。
今後、そういった会社は増えていくと思いますが
ここまで強い信念をきちんと持ち、最初から制作をしているのがそらゆめです。

そのそらゆめが、自社コンテンツのクオリティをさらに上げ
もっと面白いゲームを作り、時代の証人になる
そんなプログラマーを探しています。

もう一度聞きます。
モバイルゲーム、興味ないですか?

見方を変えてください。
ここには、未来のゲームへののチャンスがあります。

このブログ記事について

このページは、大下周平が2010年1月25日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『このままで就活うまくいきますか? 今月31日開催 アニメゲーマンガ就活セミナー ゲスト&時間割発表』」です。

次のブログ記事は「このままでアニメゲームマンガ就職できますか? 1月31日(日)開催!【ラクジョブ就職セミナー】いただいた質問への回答集その4です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。