アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 2016年 夏アニメ情報!継続視聴をすべき作品とは?PVで事前に判断し豊かなアニメライフを送ろう!

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2016.06.28 2016年 夏アニメ情報!継続視聴をすべき作品とは?PVで事前に判断し豊かなアニメライフを送ろう!

animehonsuuいよいよ、夏アニメ放送開始まであと数日!

アニメ放送の切り替え時期がやって参りました!7月から2016年夏のアニメ放送枠がスタートします。今年の夏アニメの新規放送分総数は56本。2014年が42本、2015年が47本と年々増えてきましたが、今年は更に大幅に増えた印象です。年間の本数も増加の一途をたどっており、上記の表の2014年よりも、更に2015年、2016年は棒グラフの高さが上がっているという状況になりそうです。

これほどまでに本数が増えてしまうと嬉しい反面、正直視聴しきれない!!という悲鳴を上げているアニメファンのみなさんも多数いらっしゃる事かと思います。そんなときに便利なのが、アニメ情報の掲載されたサイトやTV雑誌などの情報誌です。

1467013030_1_1_c937a73b6a4858f35661e98c7a2f8e18あにぽた
https://akiba-souken.com/anime/summer/

デカきたスケジュール
https://tako2008.blog27.fc2.com/blog-entry-645.html

このあたりのアニメ情報サイトには、出演者やスタッフの情報やTV放送初回日程だけでなくネット放送のスケジュールなども記載されているため、リアルタイム視聴を狙うアニオタのみなさんにも親切な設計になっています。とにかく本数が多いため、録画予約もかぶりは必至です。慎重にスケジュール設計を行う必要が出てきます。

また、原作ものなどは事前に読んでおくなどして好みの作品かどうかを把握しておくのも一つの手でしょう。事前に読めるものの判断は比較的簡単ですが、難しいのは完全オリジナルの作品です。一時期は、アニメやラノベ原作などで一定数売れた実績のある原作ものコンテンツしかアニメ化できない状況が続いていたアニメ業界ですが、2011年の『魔法少女まどか☆マギカ』『TIGER&BUNNY』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などオリジナル作品の大当たり豊作状況を受け、2012年のオリジナル作品本数が一気に1.5〜2倍になり、一気にオリジナルで勝負しようという風潮になっていきました。これらオリジナル作品は初回1話は見てみないと視聴継続していきたい作品かどうかわかりません。(まどか☆マギカに至っては3話まで本性を隠していました!)

animebehigherhp-239x300注目の作品の前評判

一部アニメ情報サイトでは、先に放送決定が発表されていた一部作品を対象に一定期間で注目度投票を行い、ランキングを発表しているところもありました。

次に来るのはこの作品!? 2016夏アニメ期待度人気投票
https://akiba-souken.com/anime/vote/v_551/

こちらを参考にしてみるのもまた楽しいでしょう。しかし、人気投票ですとそのユーザー層に偏りが出てしまうことも少なくありません。アニメファン層は近年、ピンポイントに深く、棲み分けも成されてきています。王道少年漫画系が好きなファン層も居れば、ロボットもの、ラノベ原作、魔法少女系、BL系、アイドルもの、芸術系など年齢・性別・趣味嗜好によってさまざまなオタクが居るので、本当に自分好みのアニメを見つけたい場合、ランキングでは平均かされすぎてしまい、逆に難しいかもしれません。

オススメは、PVを見ること

時間もないし、あらすじやキャストだけ見ても作画がダメなら意味が無い。。。そうお考えのアニメファンの皆様に一番お勧めしたいアニメ選定の方法は、PVを見ることです。最近では、どのアニメもティザームービーとしてPVを用意しています。本編映像を使っているものもあれば、ストーリーと雰囲気を重視し、世界観に引き込んでくる新規カットを使ったPVもあり、それも含めて作り手側が発信したいことをダイレクトに感じ取ることができるのが、PVなのです。

例えば、上記の『D.Gray-man HALLOW』は、今から10年前の2006年にも『D.Gray-man』としてアニメ化されていますが、今回は制作会社と音楽担当以外、声優も制作スタッフも刷新しています。そのため、PVでも新規キャストの台詞は使わず、前回から続投している作画部分と音楽のみで構成するという、あくまで放送まで新しい情報を出さない手法のPVを用意し期待を高める戦法を採っています。

次に、T.M.Revolutionの西川貴教さんと音楽プロデューサーの志倉千代丸さんがタッグを組んで送り出す大型オリジナル作品『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』では、打ち出したい売りポイントが楽曲の部分だけあって、特報からアニメPV、新曲PVなど複数の動画が発表されています。その楽曲を歌うキャラクターの声優陣もかなり豪華ですが、台詞部分よりも彼らの歌う歌の部分に着目して欲しいと考えているのか、多数のオリジナル曲に合わせてPVも展開していき、歌えるアイドル声優ファンの女子に訴求する内容となっています。

こちらの『ラブライブ!サンシャイン!!』は本編映像と台詞を組み合わせて1話のあらすじを紹介するという王道のアニメ宣伝PVです。前作『ラブライブ!』を見ていた視聴者も、今回初めて見る視聴者も楽しめるストーリーに入って来やすい説明多めな演出になっています。

その他にも、気になった作品のPVを見てみると、それだけでも様々な演出の違いで楽しむことが出来るはずです。ぜひ、放送開始前にお気に入りの作品を見つけてみてください。

PV演出の深い世界に興味を持った方は、ぜひこちらもご覧ください。

アニメやゲームのPV制作に特化したアニメーション制作スタジオ、ポイント・ピクチャーズのPV作例集です。
https://www.point-p.jp/works/index.html

今期放送のあのアニメはもちろん、NARUTOや化物語、STEINS;GATEなどみんな知っているあの作品のOPやPVも手がける専門会社のPV集は、見るだけでも新たな発見があるはずです。さて、知っている作品はこの中にそれだけあるでしょうか・・・?今夏放送の作品以外にも、PV集を見て気になった作品は今からでもチェック!してみてくださいね。

この記事を書いた人

アバター画像

» 詳細プロフィール

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
Tweet