アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 今の時期の転職判断は吉?それとも凶?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2020.05.29 今の時期の転職判断は吉?それとも凶?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

img_3311ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします! ちなみに本日の猫は「三兄弟の猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは「今の時期の転職判断は吉?それとも凶?」です。

アフターコロナの働き方などが話題になり、まだ状況も落ち着きませんが、不安が高まってか、転職のニーズも多くなってきているようです。しかし実際は求人数も全国的に減っていたり、会社側が不安定だったり…本当に転職をするのが正しいのか?と思われるようなデータもあります。
今の時期、転職をすぐに決断するのは吉と凶、どちらに出るのでしょうか?

厚生労働省の平成30年雇用動向調査によると、平成30年の転職希望理由は男性で「契約期間の満了」や「その他」を除いて「収入が少なかった」が多く、女性は同じく同上2つを除くと「労働条件が悪かった」が多いものでした。生活の質向上を希望して転職活動を行う方が多数派、ということになります。

しかしこれは平成30年。国内総生産(GDP)が前年比0.8%増だった時期です。今回コロナの影響でGDPは年率換算マイナス3.4%という大幅な低下が見込まれており、収入増や労働条件の改善を望んでの転職活動は不利に働く可能性があります。

今は、どの会社でもそれなりに緊縮策を取ろうとしているため、転職後の収入条件は面接できちんと話し合い、交渉をするべきでしょう。しかし、それ以外の部分(人間関係やあまりに劣悪な環境など)が気になっての転職の場合は、ストレスで精神をすり減らす前に動きましょう。

転職に於いて現在期待できるところと、まだ期待をしないでおくところをきちんと決めておくのが転職活動で疲れないためのポイントです。

参考 平成30年雇用動向調査結果の概況(厚生労働省)

次回は「いくらもらうべき?自分の適正年収」について!
toiawasenew

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook