アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > プランナーになりたいが「新卒に厳しい」ゲームメーカーに効果的な自己PRは?一問一答、ラクジョブ知恵袋!

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2016.12.19 プランナーになりたいが「新卒に厳しい」ゲームメーカーに効果的な自己PRは?一問一答、ラクジョブ知恵袋!

gameplanner4 ラクジョブでは不定期で会員の方からご質問を受け、お答えしています!
皆さんにもお役立て頂ければ幸いです。

【ご質問】
ご質問があります。自分は某乙女ゲーメーカーを狙っています。
人事部の方の話では「未経験では厳しい、ですが自己PRの内容が良ければ入社も可能」と言われましたが、未経験の私はどこをアピールすればいいか迷っています。
何かアドバイスがあれば幸いです。自分が狙っている業種は、ゲームプランナーかディレクターです。
お忙しいとは思いますが、ご確認の上ご回答のほどよろしくお願いします。

hirataonthephone 【回答・平田】
この度はラクジョブへご質問をいただきありがとうございます。
プランナーまたはディレクターとして乙女ゲーメーカー様への内定を希望されているということですが、プランナーは最も実力が測りにくい人材で、仮に未経験採用を検討している企業でも、かなり慎重になる職種です。まして今回は未経験採用をあまり検討されていないということだったので、確かに「厳しい」のでしょう。

未経験でも何かアピールする際、自己PR内容はズバリ「即戦力として使えるか」が企業の一番気にするポイントとなります。例えばこれまで同人や個人制作でも良いので1つ以上乙女ゲームを作っているかどうか、自分がどうしても実現したいと思っているゲームが魅力的か、それだけでなく収益も見込めそうなものか、もしそういったポイントが無い場合は、例えばこれまでリリースされた日本の乙女ゲームは9割やっているなど人より一つ頭抜けたアピールポイントがあるかどうかが重要となります。逆に言えば、そういった例が無い場合、なかなか「厳しい」ままでしょう。

もし上述のようなアピールポイントが思いつかない・・・という場合は、いっそ視点を変えて「そのメーカーへは転職で入る」という方法も考えてみて下さい。
「未経験が厳しい」は言葉を換えれば「他社でのキャリアを積みあげてからの転職は有利」ということですので、新卒での応募が不採用になっても、時間が経ってから狙うのも全く問題はないでしょう。エミック、ボルテージ、モバイルファクトリー、サイバード、マタタビ(ラクジョブ求人中!)・・・などなど乙女ゲーを専門にしている会社さんは沢山あります。そういった会社さんにまず入ってみてから、というのも一つの戦略となりますので参考にしてみてください。

toiawase-1024x226-1

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ

一月万冊

ラクジョブFacebook