アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > VRゲームは今後どうなるか ネットカフェで「VR Theater」展開のニュースから考えるゲーム業界への影響について

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2016.04.06 VRゲームは今後どうなるか ネットカフェで「VR Theater」展開のニュースから考えるゲーム業界への影響について

01ネットカフェでVR?

記事を読んでいただきありがとうございます。今回の話題はVRについてです。最近ゲームや映画などあらゆるエンターテインメント業界を賑わせているVRですが、4月の5日にビッグニュースが発表されました。インターピア株式会社が株式会社ejeと協業し、VRの映画をネットカフェで見られる「VR THAETER」を全国向けに展開していくというニュースです。通常のネットカフェでVRGEARやアイマスクなどの必要設備を一式レンタルし、シアター専用に作られたVRのコンテンツを視聴することができます。価格帯も現時点では一本あたり600円と安く設定されており、ネットカフェに足を運べば気軽にVRコンテンツに触れられることのできるサービスです。

koh1-530x298すでに関東圏内では複数店舗展開予定

5日に発表されたニュースですが7日から関東圏内の自遊空間など複数の店舗にサービスの提供開始が予定されており、初速の速い動き出しです。視聴できるコンテンツとしては、第一弾が 進撃の巨人、第2弾が攻殻機動隊とキラータイトルを立て続けに予定しています。進撃の巨人では巨大な体躯を持つ巨人とのスリル溢れるアクションシーンを、攻殻機動隊では草薙素子の率いる公安9課の潜入行動を鑑賞することができます。

両タイトルとも、VR技術のもつ没入感とうまく噛み合うタイトルであり、根強いファンの多い作品です。いままでVRに関心のなかった層もこの企画を元にVRの魅力に目覚めるという展開もありそうです。最初の2弾にしてこのタイトルですから、後続のタイトルにも期待が高まります。「ドラえもん」がVR作品としてリメークされましたが、古い作品でも人気の高いものが多くの人の目に触れるために機能することも考えられます。

Young Woman play with the vr deviceVRに新しい層を取り込むかもしれない

ネットカフェにさえ行けばVRを楽しめるということは、日本のVR市場にとって大きな意味があると私は考えます。日本でよく知られているVRのハードウェアといえばplaystationVRやOclusRiftです。PSVRは日本での販売価格が44980円、OclusRiftは10万円と、ハードウェアとしては比較的に高めの設定になっています。コアなファン層であれば迷わず買うかもしれませんが、幅広い層に届くようになるか?といえば難しいという声もあります。

ネットカフェで高クオリティなVR映像に触れられるとなれば、ハードを買い込むとまでは行かずともVR映像そのものには興味がある、というような比較的ライトな層までも取り込める可能性があります。ネットカフェがVRコンテンツの一つの大きな発信地になっていく日も近いかもしれません。

shutterstock_238457194ゲーム業界への影響は?

VRシアターはVR映画の配信についてのニュースなので、直接にはゲーム業界と関わりはありません。しかし少し長い目で見ればゲーム業界にも効果を波及させていくかもしれません。VR映像は、それがゲームであるのか映画であるのかに関わらず高い臨場感をもたらします。ゲームで展開されているコンテンツと、配信されている映画のコンテンツがクロスオーバーするような企画も展開されやすいでしょう。また、ネットカフェにおけるVRゲームプレイも、現時点ではまだ発表されていませんがスタートするかもしれません。

高クオリティだが価格の高いハードウェア、安価だがクオリティの伴わないスマホ向けVRなどいくつかの選択肢があるVR映像ですが、何がVR浸透の決め手になっていくのでしょうか?それ以外にもゲームの中でVRが浸透していくためにはプラットフォームがどうなるのかなど問題がまだまだありますが、いま最も注目に値する領域であることには違いありません。ラクジョブ新聞では今後もVRゲームに関連するニュースを取り上げていきたいと思います。

この記事を書いた人

床井和経

床井 和経 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社きっての良い意味の問題児。空気を読まない、お客からの好き嫌いもかなりハッキリ分かれる。床井さん最高!と言われたり、その逆を言われたり、それが床井の魅力だ!と代表も納得済み。学習院大学をでて勉強が好きなので今でも勉強を続け、更にビジネスマンとしても成長するために仕事もドンドン成長中!それでも床井は床井のままでいて欲しい。

このブログを書いた人

床井和経

床井 和経

ラクジョブ運営会社きっての良い意味の問題児。空気を読まない、お客からの好き嫌いもかなりハッキリ分かれる。床井さん最高!と言われたり、その逆を言われたり、それが床井の魅力だ!と代表も納得済み。学習院大学をでて勉強が好きなので今でも勉強を続け、更にビジネスマンとしても成長するために仕事もドンドン成長中!それでも床井は床井のままでいて欲しい。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook