アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 「10月実質賃金は前年比較0.1%増」に見る業界状況【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2019.12.09 「10月実質賃金は前年比較0.1%増」に見る業界状況【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

img_1153ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします! ちなみに本日の猫は「尻がハートの形の猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは「『10月実質賃金は前年比較0.1%増』に見る業界状況」です。

12月6日に、厚生労働省から毎月勤労統計調査 令和元年10月分結果速報が発表されました。せっかく転職をしても賃金が変わらなかったり、下がってしまうのは避けたいですよね。そんな転職の将来を考える上でも厚生労働省のデータは参考になります。

今回の「実質賃金前年比較より増加」にはいくつかの理由があります。

・最低賃金が全国各地で10月から引き上げられたこと
・人手不足によりフルタイムで働く人の基本給が上がったこと

そのため、時間帯を決められて働いているパートタイムの賃金に関しては、去年の10月よりも0.7%下回っているというデータが出ています。
「人手不足でフルタイムの人の基本給が上がった」は分かりやすいですが、つまり働く時間が多くなってしまっている、ということですね。それでは、「人手不足」に対して求人数はどうなっているのか?と思い有効求人倍率(簡単に言えば1人あたりの転職希望者に対する求人数)を見ると同年10月で1.57倍。1人の転職希望者に対し1.57の求人。結構高めです。

一般職業紹介状況(令和元年10月分)について

なるほど人が足りていないから給与が上がったんだな、と思いますが、実はこの有効求人倍率の数値、10月時点で4ヶ月前から下がり続けているのです。つまり10月時点では人が足りないと言いながらも採用は控えめになりつつあり社内の人たちに長く働いてもらうしかない、という企業の状況が見えますね。
転職希望者にとっては去年よりまだ転職しやすい環境ではありますが、どこも人不足を全てカバーできるほど人材が足りているわけではありません。転職先の仕事量等については判断した上で転職活動を行うことをお勧めします。

toiawasenew

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook