アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 働き方改革はどこまでアニメゲームマンガ業界に浸透してる?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2019.07.03 働き方改革はどこまでアニメゲームマンガ業界に浸透してる?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】

img_3964ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします! ちなみに本日の猫は「招く猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは「働き方改革はどこまでアニメゲームマンガ業界に浸透してる?」です。

アニメゲームマンガ業界と働き方改革は、一見不安になる組み合わせです。無理をして納品に間に合わせるとか、残業代が出ないという話が以前はよくありました。会社に寝泊まりをするのが当たり前、というのがアニメゲームマンガ業界での常識でしたが、最近は過剰労働がニュースになり取り締まられるなど、そういった環境に異を唱える風潮となり、実際に働き方改革をきちんと社内で行おう、という会社も多く見受けられます。特に「残業」に関しては、「残業代をきちんと出す」「残業時間をそもそも減らす」といった、当然ではあれど、これまでなかなか実現しなかった取り組みを今年春から始める会社が多くあります。
広告業界とのつながりも多いゲーム業界から始まり、映像業界にもその流れはあります。漫画に関しては「出来上がらなければ載らない」という世界のため、漫画家個人は難しいですが、漫画家の経営するスタジオなどでは残業代に対する意識ができている所も生まれてきました。以前は「残業代をしっかり出しています」と面接では伝えても実際は支払われていない…というのがアニメゲームマンガ業界に限らず慣習的に多い側面がありました。しかし現在はそういった悪しき慣習が多くのトラブルを生み、ニュースにまでなっているため、面接時に残業時間や労働時間の質問をすればしっかりと答えてくれます。言葉を濁すような場合や、はっきりわからないという会社さんの場合は、労働環境的にもグレーな可能性があるので気をつけましょう。

ラクジョブは10年前からありますが、10年前の求人は契約社員と業務委託が半数以上でした。現在では正社員採用が全体の2/3を占めており、職場環境を改善させる必要性も感じさせます。
自分のスキルを上げるために無理をしてでも長時間労働したいという人もいるかもしれませんが、その場合は正社員ではない契約形態か、在宅の仕事を選んで集中した仕事を行うのが良いでしょう。

「就転職コラム+猫」シリーズ、一番最近の記事はこちらから!

エロゲ会社には女性が多いって本当?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】



 

30歳を超えると転職しにくいって本当?【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】



 

”パクリ”はどこまで許される?後編「オマージュとパロディの境界線」【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】


toiawasenew

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook