アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】自己PRでの趣味アピールはどう使う?

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2018.12.06 【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】自己PRでの趣味アピールはどう使う?

img_3772ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします!
ちなみに本日の猫は「玩具のネズミと挨拶する猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは
「趣味について自己PRで書いたほうが良いのか?」。

自己PRで自分の趣味を書く方がたまにいらっしゃいますが、これは書き方さえ間違えなければとても効果的に自分を印象付けることができます。会社は大きくなればなるほどスキルを重視して採用する傾向にあるため、もし100名や200名など人数が莫大な会社を受けるのでなければ趣味については書いた方が戦略的にも得策でしょう。

しかし正直に言って、「趣味が何か」というのはあまり重要ではありません。その趣味に対してどんな進捗があるか、その趣味にどう真剣に対しているか、そういった「人柄」の出るエピソードこそが最も効果的なのです。

スキル以外も重視したい、という会社は「人柄」を最も気にします。この人ならうちの会社の人とうまくやっていけそうだな、簡単に言えばウマが合いそう、仲間として空気に馴染めそうだな、というのが相手の会社に伝われば一番良いのです。ちなみに、だからといって人柄部分を無理に明るくしたりアクティブに盛る方向で書くと、間違った人柄がアピールされてしまいます。その結果、入った後に仲間とそりが合わないということも起きてしまうので気をつけましょう。

1人で静かに楽しむタイプならそう書いて良いのです。最も危険なのは、無理をして合わない会社に入ってしまうということです。自分が働きやすくベストパフォーマンスが出せる会社を探すためにも趣味のアピールを考えましょう

次回は「会社が重視する『人柄』の内容」についてです!

toiawasenew

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook