アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 求職者の方へ > 【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】 正社員と業務委託、どっちが自分向き?

アニメゲームマンガ業界 就転職に役立つ情報満載!

2018.09.03 【アニメゲームマンガ転職コラム(+猫)】 正社員と業務委託、どっちが自分向き?

img_0612ここでは、ラクジョブメルマガで会員の皆さんにお届けしている就職・転職に関するコラム(と、全く無関係に撮られた弊社の猫の写真)をお送りします!
ちなみに本日の猫は「狭い箱に入ったものの全身が入らなくてこちらを見つめる猫」です。本編とは関係ありません。

今日のテーマは
「正社員と業務委託、どっちが自分向き?」。

普通、就職となったら安定の正社員を目指すのが当然…と思われがちなのですが、必ずしもアニメゲームマンガ業界においては、それが主流ではありません。漫画家やアニメーターのように、正社員ではなく業務委託での勤務が一般的な業界と別に、正社員が一般的と思われるゲーム業界でも正社員をあえて選ばない人が生まれています。彼らは、フリーランスとしてディレクターやマネージャーとして働いています。

正社員は「仕事の内容の変化に関わらず定額の給与を受け取る」形態ですが、業務委託(フリーランス)は「仕事内容や成果に応じた報酬を受け取れる」という形です。1つの会社だけではなく、多くの会社でプロジェクトに関わりたいという人や、自分の腕に自信があり、できる限り業界に役立てたいという人は業務委託になりがちなのです。

業務委託は確かに会社の縛りなく、プロジェクトをいくつも担当できる魅力があります。そして、その代わりに自己マネジメント能力や人脈、営業力も必要となってきます。正社員の時には保証されていた休暇も、自分で決めて取る必要があります。それによって報酬が減ったり、稼ぎが少なくなっても自己責任。自由が多い代わりに、しっかり自分をコントロールしなければなりません。そして、そこさえ押さえれば、クリエイターにとって業務委託/フリーランスはとても仕事がしやすく、場合によっては創造力も増幅させられる働き方なのです。

最初から業務委託を選ぶのは実積のないままだと難しい現実がありますが、社会人経験を積んで人脈ができ、積極的に動きたい!という方は、しばらく正社員で働いた後、業務委託を選ぶのも1つの手です。

次回は「ゲーム業界は今、新卒採用が盛り上がっているって本当?」です!

toiawasenew

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook