アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 特集求人 > リアルタイムメディア エンジニア出向事業の会社です。 社内イベント多数開催!

アニメゲームマンガ専門ラクジョブ新聞

2016.01.15 リアルタイムメディア エンジニア出向事業の会社です。 社内イベント多数開催!

こんにちは。ラクジョブを運営しているビ・ハイアの床井です。今回は、IT会社の「リアルタイムメディア」という会社のご紹介をしたいと思います。

社員さんにインタビューしてみました

image (1)
・・・今回は役員の大阿久さん(右)と、渡辺さん(左)に、パスタのお店でインタビューをしてみました。二人とも仲の良さそうな雰囲気です!会社の事業としてSES(エンジニア出向)をメインに、ロボットアドバタイジング事業にも挑戦中です。自社サービスに挑戦するベンチャーでありながら、最近は人数を急激に増やし、高成長中の会社です。

Fotolia_99417482_Subscription_Monthly_MSES事業の不安定さについてどう思いますか?と聞いてみた

会社の事業としてSES事業をやっており、案件をこなすエンジニアと案件を取ってくる営業部隊とで分業しています。SES事業にありがちな問題として、エンジニアが出向先で孤立し、心労から辞職してしまう….という問題があります。

もともとSESという業態事態が、派遣法の規制緩和により生まれた業態であるとも言えます。つまり会社はエンジニアを集め、出向させるだけでいいのですが、エンジニアは職場先においては「外様」です。いざ案件が炎上していたり人間関係でのトラブルに直面したりすると社員並みのサポートを受けられないという不利さもあります。それがわからず、未経験でエンジニアになってしまい心身共に疲れてしまう。そんな人も存在します。

大阿久さんと渡辺さんに「その辺どう思いますか?」と聞いてみました。すると「確かにそう言った問題はありますね。会社への帰属意識をエンジニアの方に持って頂くのは大事な事だと理解しています。その為に社内でエンジニアと営業の交流イベントを開くこともあるんですよ」と大阿久さん。

sb.サバゲーと野球が定期的に開催されるらしい

社員同士の一体感、交流を図ろうということで、交流イベントを頻繁に開催するのもこの会社の特徴です。20代半ばの社員が多く、何となく学生サークルのような明るさがあります。逆にそういうノリが嫌いな人には会わない職場でしょう。

社員同士の仲の良さは、仕事の域を超えています。定例イベントとして2、3ヶ月に一回はサバゲーと野球を開催するのだそうです。社内でチームが2つに分かれており、年間を通じて成績を競い合っているのだそうです。また、社内にゲーマーが多いことから仕事の後(渡辺さん曰く午後9時に就業することが多いとのこと)に、みんなでモンスターハンタータイム!となることも多いのだとか。

スクリーンショット 2016-01-15 11.34.11 会社は今まさに成長期

リアルタイムメディアは社長の上原彩美さんが学生起業したベンチャー会社です。最近急速に社員数を増やしており、社長に頼り切りの状態から、徐々に管理職を増やして体制を整えていく過程にあります。人数の増えた営業部隊のマネジメント、連絡系統の整備、マネジメント層の育成・・・などなど、大きくなり始めの会社に特有の課題が浮上してきています。

社長が一人で社員をマネジメントできる規模ではなくなってきたので、社内を子会社として分社化させています。子会社の社長も殆どが20代で、それぞれの特色があります。中には元々長距離のトラック運転手をしていた方もいます。そんな柔軟性はベンチャー企業ならではです。自分から能動的に動きたい!会社に提案をしていきたい!という人にとってはやり甲斐のある職場になるでしょう。

「一応全ての社員の意見を社長に通しています。そこは大企業にはない感覚だと思いますね」と大阿久さん。ちなみに大阿久さんが取締役の「リアルタイムアニバーサリー」は社員の過半数が女性の会社であり、女性にとって働きやすい会社になっています。

mpロボット事業にも挑戦中

会社の自社サービスとして、「ロボットアドバタイジング」にも着手しています。これは「モスペンくん3号」というシンプルなロボットの顔面に広告映像やアプリケーションを映し出し、店頭でお菓子を配るロボットにしたり、イベントの案内ロボットにしたりと広い用途に応用出来るロボットです。

先ほどSESの問題点を挙げましたが、自社サービスの仕事であれば会社の中に留まり仕事を続ける事が出来ます。今は若い女性社員も、やがて子供を産み過程を持つときが来る。その時には出向で出ていても会社の中に戻ってきて、働きやすい環境を整えて上げたい。そんな上原社長の意向により取り組む事になっています。

しかし前例がなく、右も左もわからない状況からのスタートです。工学的な知識もロボットデザインの事も1つ1つ学びながらの仕事であると大阿久さんは語ります。現在募集中の UIデザイナーは、ゲームのUI画面の設計やWEBデザインの仕事など、通常の SES事業に加え、「ロボットアドバタイジング事業」についても一緒に試行錯誤してくれる人材を探しています。そんな新規事業も一緒にやって行きたい、そんなデザイナーの方を募集しています。

〇株式会社リアルタイムアニバーサリー(今回は子会社の求人です)

WEBデザイナー(UIデザイナー)/コーダー募集中
https://raku-job.jp/index.php?op=offer_detail&id=56678c7b9f06f0653

toiawase-1024x226-1

この記事を書いた人

床井和経

床井 和経 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社きっての良い意味の問題児。空気を読まない、お客からの好き嫌いもかなりハッキリ分かれる。床井さん最高!と言われたり、その逆を言われたり、それが床井の魅力だ!と代表も納得済み。学習院大学をでて勉強が好きなので今でも勉強を続け、更にビジネスマンとしても成長するために仕事もドンドン成長中!それでも床井は床井のままでいて欲しい。

このブログを書いた人

床井和経

床井 和経

ラクジョブ運営会社きっての良い意味の問題児。空気を読まない、お客からの好き嫌いもかなりハッキリ分かれる。床井さん最高!と言われたり、その逆を言われたり、それが床井の魅力だ!と代表も納得済み。学習院大学をでて勉強が好きなので今でも勉強を続け、更にビジネスマンとしても成長するために仕事もドンドン成長中!それでも床井は床井のままでいて欲しい。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook