アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 企業担当者様へ > ラクジョブ採用実績 > イラスト制作会社採用成功事例 アートディレクター2名採用 経験者 掲載費用131万円 採用単価65.5万円

アニメゲームマンガ専門ラクジョブ新聞

2017.01.07 イラスト制作会社採用成功事例 アートディレクター2名採用 経験者 掲載費用131万円 採用単価65.5万円

rakujobbasic 本日ご紹介するのはイラスト制作会社さんのアートディレクター採用例です!

shutterstock_196423220-330x286アートディレクターは採りにくい?

今回ご紹介するのは、イラスト制作会社様のアートディレクター求人・採用成功事例です。イラスト制作会社はソーシャルゲームの発展と共に増え続けていますが、急激に数が増えたことにより社内を回せる人材が業界延滞で足りていないのが実情です。今回の企業様もイラスト制作を長年やっていらっしゃいますが、更に拡大するためにグラフィックの質を管理するアートディレクターが足りない!ということでご相談を頂きました。
アートディレクターの定義は会社さんによって微妙に異なります。多くのグラフィッカーを束ね、発注元との通信役となる人、制作しているプロジェクトの世界観から構築をする人、グラフィックの最終手直しだけを行う人・・・
今回のニーズは、いくつかあるイラスト案件をのクオリティ管理を全体的に行い、イラストの加筆修正をできるディレクターの募集でした。この企業様はイラスト制作以外にも広告や開発など別のお仕事をしており、イラスト制作事業部は30名ほどです。今回募集する方はコミュニケーション能力が必要であると共に、デッサンや構図、影の付け方などが正しく理解できて、ブレの無い修正が出来るという人でした。月に100枚以上のイラストを見て頂く事もあるということで、若くて体力があり美大出身が好ましい・・・など、初めからかなりハイレベルなニーズ。しかし中々そのニーズに合致する人は他媒体では見つからずラクジョブに相談を頂きました。

miuchi-300x192求人の視野を広げる、とは?

まずはご提案通り、新卒は含まず経験者のみ、アートディレクションに対して意欲的な方の募集を掛けました。この会社様がラクジョブをご利用したのは今回で2回目。以前はアシスタントディレクターの募集でしたが、今回の募集はもっとハードです。アートディレクターという職種は色々な会社様が欲しがる一方、母数がそもそも少ないので集まりにくい、という性質を持っているため、数年経った今でも集まりにくい職種として挙げられます。募集をかけた2013年当時はイラスト制作会社さんの勃興も激しく、輪をかけて採用がしにくい時代だったと記憶しています。
結局、普通に「アートディレクター経験者」としての求人は非現実的だということでイラストレーターの方にも範囲を広げて募集を行いました。イラストレーターであっても「スキルアップをしたい」「給与を高くしたい」「スキルを積み重ね、広いフィールドで活躍出来る様になりたい」という部分に焦点を当て記事を書き換えた形になります。
最初は「ディレクター」カテゴリで募集していましたが、途中から呼称やカテゴリーを変更し、担当するのは『グラフィックです』と伝わりやすいようにしました。変更してからは月々10名ほどの応募があり、段々面接も増えてきました。また、募集期間中にアートディレクターを募集する会社様がラクジョブに増えた為、差別化するべく「事業内容の魅力」や「事業を通じて会社自身が何をしたいか?」を重視した掲載を行いました。

kleiner junge ganz groアートディレクター募集のコツ

アートディレクターが採用しにくい理由は、スキルが熟成し、コミュニケーション能力も高く、クライアント様の欲しているものを瞬時に理解出来る能力を持った人というのがそうそう転職市場にどんどん出ることが無いからです。ですからもし皆様でアートディレクターを募集の際に注意して頂きたいのが、経験者だけでなく、イラストが描けてコミュニケーション能力が高い人も視野に入れる、ということです。アートディレクションの経験がなくても修正や直し部分に注力し、コミュニケーションや仕事面については後から教えていく、ということが出来ます。アートディレクターは少数ですので給料だけ上げても他に移ってしまう、ということもあるので、待遇についてもはっきり明記するよう気をつけて下さい。

今回、最終的に採用出来たのは、西日本在住で東京にはまだ来たことが無い、という方でした。この会社様は東京の為、転職と同時に実家から引っ越した形です。ラクジョブは主に東京での求人を推奨していますが、ご覧頂いている方は日本全国、海外にも多くいため全国・・・というより全世界から応募があります。
採用に繋がったポイントは、アートディレクター経験を必須にしなかったこと、ベンチャー色の強い会社様ということで代表メッセージを熱く伝えたこと、だと思います。社内インタビュー動画も撮影し、掲載しました。その様な形にした結果、人材からも応募が集まり採用も大成功でした。

利用プランについて

今回使って頂いたプランはラクジョブベーシック半年1職種です。途中でディレクター』から『アートディレクター』に職種替えも行いました。こちらの会社様からは新たに『ディレクター』が欲しい、という相談や外注先や案件先をご紹介も行なっています。基本的に求人は求人、というお手伝いをしていますが、長いお付き合いやスキルの〇〇は凄く突出している場合などは弊社から取引先になりそうな所を紹介させて頂く場合もあります。もしご興味がありましたらお声掛け頂ければと思います。

ラクジョブ、採用の相談などは下記からどうぞ

この記事を書いた人

平田悠貴

平田 悠貴ビ・ハイア株式会社副社長 » 詳細プロフィール

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

このブログを書いた人

平田悠貴

平田 悠貴

ビ・ハイア株式会社副社長

ラクジョブ運営会社で2番目に偉い人で現場で1番偉い人。東京都在住。学習院大学文学部哲学科出身。ラクジョブはこの平田さんがいなかったらもっと前になくなっていたでしょう。アニメをみて、作画が良いと良く感動して泣きます。

もっと見る

人気ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
アーカイブ

一月万冊

ラクジョブFacebook