アニメゲームマンガ専門 ラクジョブ新聞 > 企業担当者様へ > 三菱自動車 燃費データ不正と景品表示法の中にある課徴金精度について アニメゲーム漫画の求人サイト

アニメゲームマンガ業界 経営者向け情報満載です

2016.04.26 三菱自動車 燃費データ不正と景品表示法の中にある課徴金精度について アニメゲーム漫画の求人サイト


mainichi
世間を賑わす不正問題


三菱自動車といえば数年という単位ではなく、何十年という歴史があります。この話をする前にアニメゲーム漫画と燃費データ不正はどういう風に絡んでいるのという話ですが、課徴金精度に関わっていると思い記事を書きました。三菱問題ほどのスケールはありませんし、問題自体へ取組んでいるのも官公庁の数にも差は現れています。三菱自動車は環境庁、エネルギー省、経産省を始め6つの政府機関が関わっています。

それに比べて景品表示法については消費者庁のみとなっております。いかに政府が本腰を入れて対応しているかの分かり易い部分ではないでしょうか。私自身このニュースを見た時に2つの問題はある一点で結び付きそれを今回書くことにしたという次第です。日本人だけの感覚なのか何か不正をした時、悪いことをした時、隠し通そうとします。理由はそれぞれあるでしょうが、ここに眠る根底の問題はすべて一緒だと思います。そんなことを考えながら読み進めてもらえたら嬉しいです。

suimasen表示を偽る

三菱自動車問題しかり、グラブルガチャ問題しかり両方に共通することは不正です。不正をする人の心理というのはどういうものなのでしょうか。決して両社の担当者は不正をしようと思い、思い切ってやった訳ではないと思います。1台行い、もう1台もイケるんじゃないそんな軽い感覚で慣れを繰り返されていったのだと思います。どちらの問題も上層部は確実に把握していたでしょうし、現場の人間は良心に苛まれながら行っていたと思います。ですから、問題が発覚した時は恐らく世に向ける顔はないぐらい危機感も感じたでしょう。上層部は世間に向けて頭を下げて許して貰おう、そう感じたから頭を下げ新聞の一面を飾ったと思います。

何の作品かは忘れましたが、スパイがぽろっと漏らしていました。「人殺しが怖いのは最初だけ、次第に慣れていく」、不正も同じです。謝罪をしたら許される世の中ですから。そういう意味では我々世間側も不正が行われた時に謝っている姿を見た時に許してあげようと思う発想があるのはアカンことでしょう。燃費不正にしても、景品表示法に関しても命を左右する話ではないことは不幸中の幸いです。だからといって、不祥事が続く世の中はこれから後進が憧れる世界なのでしょうか。少なくとも私は違うと思います。約70億人という人が世界には存在しておりますが、現時点でも不正に次ぐ、不正を重ねる世界で幸せになることすら難しくしていると思います。そこまでの視点で考えてみると不正の根底に眠る問題は別にあるのではないか、という問題が見えてきます。

keihinn課徴金精度について

課徴金制度が出来る元の法律は景品表示法です。消費者庁が発布する景品表示法という中にある施行される制度です。手元に資料があるので引用します。

引用開始
景品表示法の目的
「不当景品類及び不当表示防止法」
(昭和37年法律134号)
この法律は、商品及び薬務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを目的とする。

引用終了

少し長いですが、簡単に言ってしまえばゲームを買ってくれた、遊んでくれているユーザーさんへ虚偽をせず正しい情報を記載し楽しんでもらおうを目的とする、という意味です。難しい言葉が羅列しているようですが、一言一言噛み砕くと大したことはありません。難しい言葉を見ると私自身「ぐぬぬ」となっていましたが、ここに気付いてからは分解して読み解くようにしています。お陰様で順調です笑 さて、話を戻します。法律にするまでのことも無いのですが、虚偽はイカん訳です。それを明確に今回商品を流通させる時に罰則を設けようということで作られたモノです。ソーシャルゲーム問題が元となって作られたモノではありますが、対象物はゲーム商品だけに限らず凡ゆる表示が対象となっています。リンクを貼っておきますので、詳細を見たい方はコチラから。ちなみに、官公庁の施設で説明会は行われた様ですが、実際行った者に話を聞いてみると渡された資料を棒読みするだけだそうです。何故資料を棒読みすることを見せるためにわざわざ来させたのかについては私も謎です。誰か知っている方がいたら教えてください。

AdobeStock_55223345-300x240不正に眠る根底の問題

不正というのは正しくないということです。正しいか正しくないの明確な基準は法治国家の立場を取る日本においては法律以外の基準はありません。なぜ国のあり方すら覆してしまう様なことが平気で出来るのかいえばIQが低いからです。IQというのは頭の中でメモリーツリーやパズルの様な物を自由自在に動かし何か形作る能力のことを言います。何か困難な問題に立ち向かう時もそうですが、言葉を見ただけで世界を感じるのもIQを必要としています。そこから導き出される答えは、誰も見ていなければやっても良い、という子供じみた考え方を改めることだと思います。決して全ての企業経営者というほどお会いしてきてませんが、外側だけ大人で中身は子供みたいなIQの人は多くいらっしゃいます。

名探偵◯ナンは逆だから面白い訳ですが、見た目は大人、中身は子供というのは正直笑えません。ラクジョブ新聞の読者さんはそうでないと思いますが。どう改めるかは自由です、一つのオススメは私は読書を勧めたいと思います。そして、アウトプットする。この方法は私自身2、3ヶ月に渡って行ってきましたが、確実にIQをアップさせたと確信しています。不正に次ぐ、不正を繰り返しても企業価値も幸福度も上がりません。70億人が幸せになる世界はみんながやりたいことをやっている世界だと思います。と同時に個々人が大人であるべきだと思っています。そうした世界が築ける様なアニメゲーム漫画作品作りのお手伝いを今日も行っていきます。

この記事を書いた人

桜井悠太

桜井 悠太 » 詳細プロフィール

桜井悠太。岐阜出身の東京都在住。町田から港区に出て来たチャレンジャー。常に人生前のめり。挑戦し続けている。読書も大好き。アニメゲームマンガも好き。好きすぎてオタクトークでは良くスタッフとぶつかる!それでも大好き。ビジネスマンとしても常に付加価値を高く生み出すために挑戦中。

ラクジョブ資料請求

このブログを書いた人

桜井悠太

桜井 悠太

桜井悠太。岐阜出身の東京都在住。町田から港区に出て来たチャレンジャー。常に人生前のめり。挑戦し続けている。読書も大好き。アニメゲームマンガも好き。好きすぎてオタクトークでは良くスタッフとぶつかる!それでも大好き。ビジネスマンとしても常に付加価値を高く生み出すために挑戦中。

もっと見る

人気記事ランキング

アニメ ゲーム マンガ経営戦略研究所

新着記事
カテゴリー
  • 企業担当者様へ
  • 求職者の方へ
  • 特集求人
  • 経営者交流会情報
  • メルマガバックナンバー
  • 動画ブログ

人気ランキング

Tweet
特集
  • 一月万冊
  • ラクジョブFacebook