2010年1月アーカイブ

以前から告知してるあなたの就活を支援するセミナー

(詳細は下記URLを参照)
http://raku-job.jp/blog/2009/12/ok2010131.html
http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-2.html

はまだぎりぎり参加可能です。徐々に席が埋まってまいりましたが、地方からいらっしゃったりする場合で確実に参加したい方は事前にお申し込みください。

下記の項目に入力をお願いします。
4)以外はすべて必須項目です。
3)に関しましてはいずれかを必ずご記入ください。

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)希望業界・希望職種

5)このイベントをどこで知ったか(例:ラクジョブログ、会員メールなど):
6)就職に関しての質問:


記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp まで送信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

なお、電話番号は平日までしかつながりませんので土曜日に申し込まれる場合はメールでよろしくお願いいたします。

以前から告知してるあなたの就活を支援するセミナー

(詳細は下記URLを参照)
http://raku-job.jp/blog/2009/12/ok2010131.html
http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-2.html

にてアニメゲームマンガ業界の先輩クリエイター、社長の皆さんから生の応援メッセージを頂きました。

アニメ業界からはガイナックス、ゴンゾ、AIC、ぴえろ・・・などなど

ゲーム業界からはガスト、バンダイナムコゲームズ、KONAMI、アイディアファクトリー・・・などなど

マンガ業界からは講談社、個人の漫画家の皆さん(広井王子さん、田中圭一さん他)・・・などなど

そのほかにも当日、有名クリエイターから開発者まで様々なメッセージを公開いたします。これらのメッセージは現場の責任者や社長達からの生のメッセージです。人事や就職課の人からは絶対にわからない現場が求めている生の声です。

合計100件の

業界に入るためには?

業界を目指す皆さんへのメッセージ

勉強するのにお勧めな書籍・物

学生へ向けてのアドバイス

などをを公開いたします。普通の求人情報や、学校の就職課では絶対に手に入らない生の情報が満載です。ここまでできるのは日本でもラクジョブだけ!興味のある方はぜひセミナーにお越しください。

会場がそれほど広くないので、規定人数(60-80人)のお申し込みが来た段階で、お申し込みを締め切らせていただく可能性が高いので予めご了承ください。

下記の項目に入力をお願いします。
4)以外はすべて必須項目です。
3)に関しましてはいずれかを必ずご記入ください。

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)希望業界・希望職種

5)このイベントをどこで知ったか(例:ラクジョブログ、会員メールなど):
6)就職に関しての質問:


記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp まで送信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。


 

学生のためのアニメ・ゲーム・マンガ業界就職セミナー、それが【ラクジョブ就職セミナー】です。

事前登録ありがとうございます。
まだ申し込みしていない学生さん、イベントへのご参加を考えているなら、ぜひ事前登録を!
席に余裕があれば当日の飛び込み参加も受け付けますが、事前登録をしておいた方がが絶対にお得です。
なぜなら、事前参加申し込みには『事前お申し込み特典』があるからです!!


事前登録の特典としまして、
◆アニメ・ゲーム・マンガ就活教本(定価1万円)をお1人様に無料プレゼント!
◆質問への事前回答をブログから行います!(当日お聞きいただければ更に詳しくお話します!)
◆就活教本(定価一〇〇〇〇円)を半額の5千円で販売!
◆当日の質問・相談も優先的に行います!

等があります。ぜひ事前登録をして、席と特典を確保してくださいね。
業界へ就職したい、ちょっと気になっている、そんな学生の皆さんのご参加、心よりお待ちしております!


それでは、今回も1月31日(日)開催【ラクジョブ就職セミナー】事前お申し込みでの参加登録者様の
質問に対してどんどんお答えしていきます!
今回はその5です!

【過去に回答した質問はこちらから】
その1⇒http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-1.html
その2⇒http://raku-job.jp/blog/2010/01/1312-1.html
その3⇒http://raku-job.jp/blog/2010/01/1313.html
その4⇒http://raku-job.jp/blog/2010/01/1314.html

聞いてみたいことがある方、どんな質問でもお答えしますので、ぜひご質問ください!
それではどうぞ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(1)
全然関係していなくても、募集しているのですか?
全くの専門違いの人たちも。それに対して、外国人はどうですが?
以前入ったことがございますか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

営業先に背景で採用されたイギリス人やアニメーターで採用された韓国人の方、
プログラマーとして採用され活躍されているドイツ人の方がいます。
皆さん外国籍の方で、日本で働きたいと思って働かれている方です。
関係無いというのは、『専門学校や美大等を卒業』
もしくは『業界に関係する技術が無くても』ということでしょうか?

そういった企業様が求めているのは、『やる気のある若い力』を
会社に入れて会社を活発化することです。
貴方自身野やる気が見られているということです。
外国人だから採用できない、というところも確かにありますが、
全く人種を気にせず受け入れているところもあります。
時間をかけて貴方に合った、良い企業様を見つけてください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(2)
ポートフォリオの作り方、プレゼンの方法、面接時の応対等

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

ポートフォリオは

・とにかく自分の描きたい!(作りたい!)気持ちを詰め込む
・自分はどんなものが描けるのか(作れるのか)を見せる
・どれだけ効率よく作成できるか(制作時間)を見せる

という点を意識して作成してみると良いものになると思います。
個性を出すため奇抜なもの作る、というのをよく聞きますが、
これは必ずしも良いとはいえません。
もちろん個性的な作品は印象にも残りやすく、貴方自身のセンスを伝えるには持ってこいです。
ただ、こういった個性的なものばかりで基本的なデッサン力・画力が分かる作品がない、
というのでは良いポートフォリオとは言えません。
今までの質問っで回答させていただいたような作品を数多く作ってみてください。
きっと良い作品集になるはずです。


プレゼンについて、

作品で何を表現・描写したのか⇒表現・描写のために工夫した点⇒自分の得意な技術など

とつなげると聞いている相手にもわかりやすく貴方の事をアピール出来ると思います。
アピールするための自分の作品のお勧めポイント、自分の得意なことをはっきりさせておくと良いでしょう。
プレゼンで大切なのは相手に伝えること、わかってもらうことですよね。
自分の作品のアピール出来るところを伝える練習を何度もしてください。
友達相手などでわかりやすかったかどうか、確認しつつ行うのが良いかと思います。
さらに作成時間は貴方の現時点での作業効率がわかり、
作成のはやい方にとっては良いアピールポイントとなると思います。


面接時の対応について

面接で大切な点はアニメ・ゲーム・マンガ業界の企業様も一般企業様も変わりません。
しっかりしたあいさつ・返事・態度を心がけてください。
『自分はアニメが好き、ゲームが好き、だからこの業界に入りました。』
という気持ちは大切ですが、業界を目指す人全員が言えることです。
この業界に入って何がしたいのか、なぜその業界の中でもこの企業を選んだのか、
良い作品を作りたいと思っているなら、今どんな努力をいているか、
など具体的に考えていき、自分の言葉で『詰まらずに』説明できるようになって下さい。
面接では貴方のコミュニケーション能力が見られています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問(3)
イラストレーターとして職業はどのようにすればなれるのでしょうか?
マンガ家はマンガ雑誌に連載するという道以外にもマンガの仕事ってあるのでしょうか?
あるとすればその職種になるにはどうすれば良いのでしょう?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

イラストレーターって、特に資格のための勉強は必要ない職種です。
つまり、「自分は絵が描けるからイラストレーターです」と言えばもうイラストレーターなのです。
ただ、人に求められる絵が描ける『画力』や『センス』が必要となります。
人に買ってもらえなければ、収入はゼロですよね。
どんな絵でも見る人によって好き嫌いがあります。
大多数の人に好きだな、奇麗だな、欲しいな、と思ってもらえる
絵が描けることが、イラストレーターという職種には必要です。

イラストレーターになるにはいくつかの方法があります。
雑誌やサイトなどのコンテストに投稿してデビューする、出版社に持ち込む、
サイトの掲示版や同人誌からスカウトされる、などからイラストレーターになられる方が多いです。
他にも色んな方法がありますが、イラストレーターもお仕事の貰い方はマンガ家の方とあまり変わりません。
もちろん人並み以上の画力・もしくは人に好かれる、
人を引き付ける絵が描けないとそうそうお仕事やスカウトには繋がりません。
ご自分の画力を精一杯磨いてください。

最近はネットでのみ連載されるマンガや、カタログや社報などで描かれるマンガも多くなってきています。
雑誌で無くとも、マンガという媒体を使って公告や、宣伝をしたい
という企業様がいらっしゃればそれはマンガのお仕事です。
チラシやネット上、商品パッケージの裏側などにマンガが載っていたりしますよね?
あれも全部、マンガ家の描かれたマンガです。
マンガを連載しなくともマンガ家はマンガ家です。
描きたいところでお仕事がもらえるよう投稿をしたり、自分を売り込みに行く必要があります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問(4)
短大卒でただいまフリーターをしています。
新卒でない点と、業界未経験という点がありますが不利になりますでしょうか。
短大では教養科目が多く、仕事に関係していそうな授業は
BVを使用したプログラミングの基礎がありました。
イラストは趣味で同人活動を通じて描いてます。
希望業種としては、ゲームの2Dグラフィック作成(ドット絵・キャラデザイン等)に
少しでも関わるお仕事、漫画・挿絵のイラストカット等の
絵を描く仕事(同人活動を生かせる様な)、を考えています。
今から少しでも頑張れる事があれば教えて頂ければ助かります。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

フリーターという点、新卒で無い点はスキルや画力さえあれば何も問題ありません。
BVとはビジュアルベーシック(VB)の事でしょうか?
もしVBでしたらWindows系のゲームなら作成可能ですが、
コンシューマー機のゲームを作成したいと思われるならC++を勉強されないと厳しいかと思います。
2D関連の仕事を希望されているのであれば、
まずはデッサン力を磨くことから始めるとよいと思います。
プロのアニメーターの方は、仕事で絵を描いて
休みの日にはデッサン教室に通ったりするほとずっと絵を描き続けています。
絵描きとして業界に就職することを考えているのであれば、
すべての時間を絵に注ぎ込むぐらいの情熱が必要です。
2Dであればデッサン力があればツールの使い方は後でも習得できます。
今から少しでもとは言わず、全力で絵を描き続けてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(5)
アニメ・漫画・ゲームの三つの中で、これからさらに伸びて行くものはどれですか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

どれも伸びると思います。理由として、
『アニメ』は単行本と一緒に販売されたり、TVでの最終回の放映を劇場に持っていったり、
今新しいスキームを構築している最中ですし、
『ゲーム』はモバイルやSNSゲームなどの新しいプラットフォームでの展開が見込まれます。
『マンガ』は紙媒体からWebなどにもすそ野を広げ、日本のみならず
アジアなど世界各国に提供されていくからです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(6)
ゲーム業界の場合は新卒の場合、どのような技術レベルを求められるのでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

どの職種を指しているのかわからないので、回答に困りますが、
自分がなりたい職種に関して勉強して、ゲームを作るなり企画書を書くなり
イラスト制作、PG制作を誰に言われるでもなくしている状態が望ましいです。
つまりはゲーム制作にかける熱意、愛情ですね。
この業界は、とりあえずゲーム系の専門学校でたので就職したいという人ではなく、
ゲームが作りたくて作りたくてたまらない!という人を求めています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(7)
今大学四年生で、次の三月に卒業します。去年の6月ごろからゲームプランナーを目指し始め、
現在ヒューマンアカデミーのゲームクリエイター養成講座(半年)に通っておりますが、
まだ就職先は決まっておりません。今現在いくつかの会社に企画書を提出し、
2つの会社から次の筆記試験のご案内をいただいたところです。
「ゲームプランナーとして」「2010年4月から」働けるようになることを切に希望しております。
「2010年度新卒未経験者のゲームプランナー募集」(できれば正社員がいいのですが、
アルバイトや契約社員でもかまいません)を行っている企業様からの求人情報はありますか?
また、当日自作の企画書の添削や、面接指導などをしてくださる方はどんな方ですか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

現在期待に添える求人情報はありませんが、中小のゲーム開発会社であれば
通年で募集を行っていたり、遅めの就職セミナーを開いている企業もありますので、
弊社ラクジョブやその他企業のホームページなどを当たってみるとよいかもしれません。
なお、当日企画書の添削、面接指導は行う予定がございません。
履歴書の添削に関しては当日回収し、後日返送させていただく予定です。
面接指導ではないですが、ダメな面接の受け方を弊社社員が行いますので是非参考にしてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(8)
大卒者に対してはどのような人材、経験を求めているのか。
採用でもっとも重視する点は。選考の具体的な基準等々

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

熱意とコミュニケーション能力です。
どの業種、職種においてもなぜその仕事を選んだのか、
なぜこの会社を選んだのかが問われます。
他社でもできるのであればその会社を選ぶ必然性がありません。
また、その職種に対して何の勉強もせずに面接に行っても
本当にやりたいのか?と思われるのがオチです。
具体的な選考基準は企業によってまちまちですが、
新卒に対して言えることは即戦力とは考えておらず、
やる気や熱意からくる将来性と、コミュニケーション能力を見られます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(9)
1.アニメ業界で必要とされる人材とは?
2.ともかく絵を描く仕事に就職したいのですがどういった心がけが必要でしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

アニメーターならば、
絵を描くことが好きで好きでたまらない!
いくらだって描ける!
今は単価が安くたって将来のためだと思えば全く気にならない!
このように考え、頑張れる人でしょう。
またアニメ業界のどんな職種であったとしても、チームで行う事、
人と会話をして仕事を進める事は必ずあります。
コミュニケーション能力があって損をすることはありません。

描きたい!
という気持ちをずっと忘れずに持ち続けてください。
絵を描くという仕事はきっと辛いことや苦しいことも多くあると思います。
それでも、自分は絵を描いていたい!
という気持ちと努力があれば、確実に画力も上達していきます。
描きたい、の一心を忘れずに、我慢強く努力をすることを心がけてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(10)
会社に就職する際使えるソフトが少なくても平気か(2Dキャラクターデザイナー)

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

ソフトが使えるか使えないかはそこまで問題ではありません。
以前にも回答していますが、2DCGであればデッサン力があるがPhotoshopを使えない人と
デッサン力はないがPhotoshopを使える人がいれば前者のほうが採用されやすいです。
デッサン力は一朝一夕で身につくものではないですし、基礎的な力なのでとても重要です。
逆にPhotoshopというツールに関しては
1カ月も現場で教えればある程度使えるようになります。
ですので、自身の画力向上を第一に考えてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(11)
会社が求人をだしていない場合でも就職するチャンスはあるのでしょうか。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

会社が求人を出していなくても、実は人が足りていない、なんてことは良くあります。
会社はわざわざ求人を自社で出すのも出来ないくらい忙しかったりするのかもしれません。
企業様に直接、問い合わせをする、求人応募をするというのもひとつの手ですが、もちろん
本当に募集していない企業様だっていらっしゃいます。
迷惑にだけはならないよう心がけてください。

また、もっとわかりやすいのが今回の【ラクジョブ 就活セミナー】のような場でのインターン情報
求人情報はすべてではありませんが普段だったら決して表に出ない情報です。
こちらは私たち社員が、一社一社お願いと連絡をして情報をいただいてきています。
ぜひ、こちらもこの機会に挑戦してみてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(12)
仕上げは色に関わる仕事のなので色、デザインについての知識やある一定のファッション感覚が
必要だと思うのですが、これは学ぶべきという必要なことはありますか。
ポートフォリオはデッサンは必要だと思いますが、デジタルでの着彩画もやはりある程度の数がいるのでしょうか。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

動画仕上げを希望するなら、RETASを使いこなせることが大事です。
その中に入っている、ペイントマン、トレースマンは、仕上げで使うものです。
逆に、フォトショップはアニメの仕事では使いません。
版権モノ(雑誌などに載る一枚絵)を描く際に使います。

色指定、色彩設定のような仕事をしたい場合は、
色彩検定的なものは持っていた方が良いです。
ただ色塗りだけをやる場合は、特に必要ありません。
色指定の仕事をしたい人は、服装の色あわせを見られますので
リクルートスーツで面接に行くと逆効果です。
(大手仕上げ会社役員の言葉)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(13)
イラスト・マンガ業界で、障害者雇用をされている企業さんはいらっしゃいますか。
(現在、精神障害者保険福祉手帳3級を取得しています。)

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

あります。
すべての企業でというわけではないですが、大手の企業ほどその傾向があります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(14)
アニメやマンガの業界に入る際に最低限必要なスキルとはどういったものか

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

アニメやマンガが好きだ!という気持ちが必要です!
これは一番重要です。
それもただ好きという生半可な気持ちで無く、自分がもっと熱い展開のマンガやアニメを作る!
あの時アニメやマンガを見た時の感動を自分が作って見せる!
そんな心意気や目標を持って入って行ってください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(15)
アニメの制作進行を希望しているのですが、現時点で運転免許を持っていません。
今年中に運転免許を取得する予定なのですが、免許を取得してない状態で採用試験は受けられるでしょうか。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

取得予定ならば大丈夫だと思います。実際に仕事をされる時までには必ず必要になると思いますので、
なるべく早めに取った方が良いです。
ただ、時期によっては取得済みで無いと採用できないというところもあると思いますので、
気になる企業様には直接聞いてみるのも良いかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(16)
未経験者でも仕事できますか?(アニメ業界志望)

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

出来ます!
業務経験が無い方が入れなかったら、業界は衰退の一途です...。
ただ、全く絵も描いたことありません、デッサン描けません、という方がアニメーターになろうと
思っても、絵が描けなければ無理です。
基本から教えてくれる企業様もありますが、全く絵が描けない、描いた事のない人に対しては教えよう
がありません。

制作進行は、未経験でも絵が描けなくても挑戦する事ができる職種です。
ぜひ未経験でも怯まずに挑戦してみてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問(17)
履歴書ではどのようなところを見ていますか? 
勉強などなにかやっておくとよいことなどありますか?(アニメ業界志望)

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

履歴書はいい表情の写真と綺麗な字と枠をすべて埋めているかでしょうか。
どこの会社でもこれは確実ということはないですが、
最低限上記の部分は確実に対応しておきたいところです。

勉強に関しては、これといって特にないですが、
やはりいろんな人やものに触れてほしいと思います。
すでに何度回答していますが、制作進行であれば数多くの人とかかわるので
コミュニケーション能力は必須です。
そのための勉強として部活動などに励むのもよいと思います。
また普通自動車運転免許が必要ですので、そちらも取得しておくとよいです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今回は以上です。
怒涛の量でしたが、実はまだまだお答えしていない質問がございます。
次回【ラクジョブ就職セミナー】いただいた質問への回答集その6にご期待ください。
きっとじぶんと同じような悩み・疑問を持っている方もいたのではないでしょうか?
就活に対する悩みや疑問を気にせず、夢の職種になるため努力ができたらいいですよね。

まだ質問をいただいていない方も、この機会にぜひ疑問をぶつけてください!

なお、セミナーでは疑問・ご質問についてもっと細かくお伝えしていきます。
今後の情報にご期待くださいませ!

他にも事前にお申し込みがあった人の質問にはブログからお答えしていきたいと思いますので、
興味のある方はぜひ応募ください!

=================================

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

上記6項目に記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!!

『このままで就活うまくいきますか? 今月31日開催【アニメゲーマンガ就活セミナー】残席残りわずか』

で告知しているアニメゲームマンガ就活セミナーにて

ドラクエ、FFで有名なスクウェア・エニックスのイラストのお仕事情報を公開いたします。これは講義などではなく、実際に一枚いくら、という形でお仕事を依頼する情報です。プロの方ではなく、アマチュアの方でも挑戦できる仕事です。もちろん、誰でもOKというわけではありませんが、イラストレーターを目指している方は話を聞いて挑戦してみませんか?

以前から告知してるあなたの就活を支援するセミナー

(詳細は下記URLを参照)
http://raku-job.jp/blog/2009/12/ok2010131.html
http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-2.html

この話は下記の時間割の17時30分から開始するイラスト・マンガのコーナーにてお伝えします。なのでイラスト・マンガ関係に興味のある方は17時30分からお越しください。絵の仕事全般に興味がある人はアニメの16時からの講義に参加されることをお勧めします。

===============================================

1)10:00~11:00 【ゲーム】 プログラマー、プランナー、デザイナーについて
◆ゲスト講演(株式会社サイバーステップ:代表取締役 佐藤様)

2)11:30~12:30 【ゲーム】 プロデューサー、ディレクターについて
◆ゲスト講演(株式会社フロムソフトウェア:プロデューサー 鍋島様)

3)13:00~14:00 【参加企画】面接指導・履歴書添削・ポートフォリオ添削・インターン情報

4)14:30~15:30 【アニメ】 プロデューサー、制作進行、制作デスクについて
◆ゲスト講演(株式会社ジーベック:代表取締役 下地様)

5)16:00~17:00 【アニメ】 アニメーター、背景、仕上げについて

6)17:30~18:30 【イラスト・マンガ】 イラストレーター(キャラクターデザイン)、マンガ家、マンガアシスタント、編集者について
◆ゲスト講演(株式会社講談社:アフタヌーン編集長 吉田様)

19:00~就職質問や全体の質疑応答、就職相談

20:00 終了

==============================================

『このままで就活うまくいきますか? 今月31日開催【アニメゲーマンガ就活セミナー】残席残りわずか』

で告知しているアニメゲームマンガ就活セミナーにて

アニメ制作会社ガイナックスのアニメーターの求人情報を限定で公開いたします。興味のある方はぜひセミナーに参加してください。

以前から告知してるあなたの就活を支援するセミナー

(詳細は下記URLを参照)
http://raku-job.jp/blog/2009/12/ok2010131.html
http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-2.html

のゲームプロデューサーのゲストが決定いたしました!

フロムソフトウェアの有名タイトル「アーマードコア」シリーズのプロデューサーである
鍋島様がゲストで来ていただけることになりました!

アニメ業界では機動戦艦ナデシコなどを手がけるジーベックのアニメプロデューサー兼社長の下地様
マンガ業界では大手出版社の講談社の漫画アフタヌーンの吉田編集長

などが参加されます。

シリーズものを手掛けることの楽しさや難しさなど、いろんな話があると思いますが
どんなことを聞けるのか今から楽しみです!

当日のプログラムを発表します!

===============================================

1)10:00~11:00 【ゲーム】 プログラマー、プランナー、デザイナーについて
◆ゲスト講演(株式会社サイバーステップ:代表取締役 佐藤様)

2)11:30~12:30 【ゲーム】 プロデューサー、ディレクターについて
◆ゲスト講演(株式会社フロムソフトウェア:プロデューサー 鍋島様)

3)13:00~14:00 【参加企画】面接指導・履歴書添削・ポートフォリオ添削・インターン情報

4)14:30~15:30 【アニメ】 プロデューサー、制作進行、制作デスクについて
◆ゲスト講演(株式会社ジーベック:代表取締役 下地様)

5)16:00~17:00 【アニメ】 アニメーター、背景、仕上げについて

6)17:30~18:30 【イラスト・マンガ】 イラストレーター(キャラクターデザイン)、マンガ家、マンガアシスタント、編集者について
◆ゲスト講演(株式会社講談社:アフタヌーン編集長 吉田様)

19:00~就職質問や全体の質疑応答、就職相談

20:00 終了

==============================================

当日は出入り自由です。興味のある内容のものだけ受けてください。
途中退席の際は当日お配りするチラシをお持ちください。再入場の証明書となります。

参加を迷っている方、まずは会場に来てみてください。
そしてセミナーに参加し、満足のいく内容かどうかしっかりと判断して下さい。
自信があるからこその全額返金対応、試してみないのは勿体ないと思いませんか?
業界就職に興味のある方、ご参加を心よりお待ちしております!

ご参加は事前お申し込みより受付中です。
以下の1)~6)にご記入ください。

============================

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、会員メールなど):
6)就職に関しての質問:

============================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

※学生向けのイベントとして開催していますが、
業界就職を目指したいと考えている方にもご参加いただいております。
年齢、職業は関係ございませんので、業界に興味のある方はぜひご参加ください!

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

事前登録ありがとうございます。
事前登録が増える分、質問が増えます。
ここをみて同じことで悩んでいる人の手助けになれば幸いです。

では、1月31日(日)開催【ラクジョブ就職セミナー】事前参加登録者の
質問に対してどんどんお答えしていきます!


質問:
ゲーム業界に入るための専門学校に行っていないのですが、
ゲームプランナーになるにはどうしたらいいでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

ゲームプランナーコースの専門学校に行くというのも確かに選択肢の一つですが
そうではなく大学の文系理系を問わず就職している人も多数います。
これをやっておけば必ず合格!とか合格の確率がぐんと上がる!というものはないですが、
ただ企画屋としては、いろいろなことに触れて体験をして、
社会勉強を重ね、学生生活を充実させ、一般常識を身につけることが重要です。
どんなことから企画を思いつくかもわからないので、
その土台となる体験を数多く積んでおいたほうがきっと役に立ちます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
企業によって採用の基準は様々だと思いますが、やはり制作進行の場合面接が肝になるでしょうか。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

面接で見られるのは社会常識やコミュニケーション能力です。
制作進行としてペーパーテストでどうこうというのはあまり聞いたことがありません。
自動車の運転免許を持っているかということと、
あとは仕事を任せるに足る人物かどうかそれだけだと思います。
話をしていても目を合わせなかったり、ずっとうつむいて自信がなさそうだったり
やる気をアピールできなければ、面接官が一緒に仕事したいと思ってもらえません。
そのためにも当日行います、ダメな面接の仕方はぜひ見てくださいね!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
私は漫画家を目指していますがまだ未熟なため、
アシスタントに就きたいと思っているのですが、
アシスタントをしながら、自分の漫画を描くというのは可能なのでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

多くのアシスタントの方々はアシスタントを目指して、
念願かなってやっているというわけではありません。
自らがプロのマンガ家としてなるための勉強としてアシスタントをしています。
ですから時間はなかなか取りづらいものの、当然自分のマンガを描いていますし、
描かないとずっとアシスタントのままです。
さらにはアシスタントだけでは食べられないことが多いのでバイトもする必要があります。
その時間を除けばあとはひたすらマンガを描き続けるといった生活になるでしょう。
ただアシスタントも毎日長時間必ず拘束されるわけではありません。
どのくらい時間がとられるかは、どの先生についたかによると思います。
何はともあれ空いた時間を見つけては自分の作品を作り編集者に見てもらうのが
手っ取り早くプロのマンガ家になる道だと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
アニメ業界の仕事に興味を持っているのですが、
実際にどういう就活対策・実技練習をすればいいのか分からない状態ですので、
そういったことを知りたいです。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

絵を描くことを生業とするのであれば、基本的にはデッサン力が求められます。
動画マンを目指す場合、白黒で構いませんのでキャラクターのイラストのみを
大量に早くうまく描けるかが肝要です。
背景であれば今Photoshopを使っての作業が基本となりますので
ツールとして扱えるかに加えて、やはり早く大量にうまく描けるかが重要です。
自分の画力がどの程度なのかを簡単にわかる方法として、
写真をいかに自分の絵で同じクオリティに引き上げられるか、です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以上が回答となります。

なお、セミナーではもっと細かくお伝えしていきます。
今後の情報にご期待くださいませ!

他にも事前にお申し込みがあった人の質問にはブログからお答えしていきたいと思いますので、
興味のある方はぜひ応募ください!

=================================
1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!!

久々のラクジョブ会員向けブログ、
いきなり、業界特化求人サイトらしからぬタイトルですが
本日は、「株式会社そらゆめ」の求人を取り上げるとともに
モバイルゲームというものについてお話いたします。

モバイルゲーム...志望してないや、と思いました?
それなら、もったいないですからなおさら読んでください。


さて、「ゲームは死んだのか?」
...正確に言うと、死にかけているのでしょうか?
ゲーム業界の市場規模は08年比6.9%減の5426億円で、2年連続で縮小しています。
商品レベルでいえば、オリジナル作品は減り、
無難なシリーズもの、スピンオフもの、移植が商品棚を飾っています。
現場レベルでいえば、例えば20年前にはよく見られた、
「2,3年目くらいの社員に企画を1本任せる」というような光景はまずありません。

どちらにしても、挑戦したい!この企画を通したい!!という就転職希望者には
なかなか望まない形になっています。


...しかし先ほどの「縮小」の話、ひとつ見落としがあるのです。
それは、「モバイルゲーム、SNSアプリ」業界について、触れられていないということ。

mixiのオープンプラットフォーム化に伴い
モバゲー、GREEといったモバイルゲーム会社が、
どんどんゲームの開発を進め、順調に拡大を進めています。
モバゲーを運営する株式会社DeNAは、
300社近い選考開発パートナーをピックアップしています。

必要なのはとにかく良い開発会社と良い企画、良いゲーム!
今、企画力と開発力が欲しいのは、実はモバイルゲームなんです。


モバイルゲーム、それでも興味ないですか?
コンシューマーと違って派手じゃないから?
モバイルは、ゲームじゃないと思うから?

違うんです。今まで、モバイルゲームは
可能性を秘めているにもかかわらず、「地味」「移植中心」というイメージを植え付けられていただけなのです。

そんな中、
「モバイルゲームは移植が全てじゃない!!!」
「モバイルゲームはもっと良くできる!!!」
そんな思いを持って自社コンテンツを開発しているのが、
・・・お待たせしました。今回のオススメ求人、「株式会社そらゆめ」です!

株式会社そらゆめ求人ページ
http://raku-job.jp/job/176

そらゆめは、モバイルでの自社コンテンツを通じて
もっと面白いモバイルゲームを作ることを目指しています。
今後、そういった会社は増えていくと思いますが
ここまで強い信念をきちんと持ち、最初から制作をしているのがそらゆめです。

そのそらゆめが、自社コンテンツのクオリティをさらに上げ
もっと面白いゲームを作り、時代の証人になる
そんなプログラマーを探しています。

もう一度聞きます。
モバイルゲーム、興味ないですか?

見方を変えてください。
ここには、未来のゲームへののチャンスがあります。

『このままで就活うまくいきますか? 今月31日開催【アニメゲーマンガ就活セミナー】残席残りわずか』

以前から告知してるあなたの就活を支援するセミナー

(詳細は下記URLを参照)
http://raku-job.jp/blog/2009/12/ok2010131.html
http://raku-job.jp/blog/2010/01/131-2.html

のゲームプロデューサーのゲストが決定いたしました!

フロムソフトウェアの有名タイトル「アーマードコア」シリーズのプロデューサーである
鍋島様がゲストで来ていただけることになりました!

アニメ業界では機動戦艦ナデシコなどを手がけるジーベックのアニメプロデューサー兼社長の下地様
マンガ業界では大手出版社の講談社の漫画アフタヌーンの吉田編集長

などが参加されます。

シリーズものを手掛けることの楽しさや難しさなど、いろんな話があると思いますが
どんなことを聞けるのか今から楽しみです!

当日のプログラムを発表します!

===============================================

1)10:00~11:00 【ゲーム】 プログラマー、プランナー、デザイナーについて
◆ゲスト講演(株式会社サイバーステップ:代表取締役 佐藤様)

2)11:30~12:30 【ゲーム】 プロデューサー、ディレクターについて
◆ゲスト講演(株式会社フロムソフトウェア:プロデューサー 鍋島様)

3)13:00~14:00 【参加企画】面接指導・履歴書添削・ポートフォリオ添削・インターン情報

4)14:30~15:30 【アニメ】 プロデューサー、制作進行、制作デスクについて
◆ゲスト講演(株式会社ジーベック:代表取締役 下地様)

5)16:00~17:00 【アニメ】 アニメーター、背景、仕上げについて

6)17:30~18:30 【イラスト・マンガ】 イラストレーター(キャラクターデザイン)、マンガ家、マンガアシスタント、編集者について
◆ゲスト講演(株式会社講談社:アフタヌーン編集長 吉田様)

19:00~就職質問や全体の質疑応答、就職相談

20:00 終了

==============================================

当日は出入り自由です。興味のある内容のものだけ受けてください。
途中退席の際は当日お配りするチラシをお持ちください。再入場の証明書となります。

参加を迷っている方、まずは会場に来てみてください。
そしてセミナーに参加し、満足のいく内容かどうかしっかりと判断して下さい。
自信があるからこその全額返金対応、試してみないのは勿体ないと思いませんか?
業界就職に興味のある方、ご参加を心よりお待ちしております!

ご参加は事前お申し込みより受付中です。
以下の1)~6)にご記入ください。

============================

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、会員メールなど):
6)就職に関しての質問:

============================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

※学生向けのイベントとして開催していますが、
業界就職を目指したいと考えている方にもご参加いただいております。
年齢、職業は関係ございませんので、業界に興味のある方はぜひご参加ください!

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

アニメゲームマンガ業界に就職するために・・・ラクジョブ就活セミナーですが開催まで残り一週間となりました。

会場の都合上60名ほどしか入れません。既に50名近い事前のお申し込みがあります。事前の申し込みなしでも参加することは可能ですが、会場の都合上満席でお断りする可能性がございます。地方から参加される方もいらっしゃいますので、確実に参加されたい方は下記のフォームに記入のうえご送信ください。

よろしくお願いいたします。

=================================
1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

セミナーの詳細についてはこちらをごらんください。

『1/31 ラクジョブセミナー質問・回答』 グラフィッカーの就職に必要なのはデッサン力か?CGスキルか?

あなたのためにならなかったら全額返金OK アニメゲームマンガ業界に入るための必須知識満載 ラクジョブ就職セミナー第二回2010年1月31日開催決定!

などでお伝えしているセミナーの追加情報が入りました。

今回はかなりの事前お申し込みがあります!本当にありがとうございます!
会場の広さの都合もありますので、可能な限り事前に登録していただければうれしいです。
もしかすると当日人数が多すぎて入場制限をかけるかもしれません・・・。

1月31日(日)開催【ラクジョブ就職セミナー】に、
さらなる参加のお申し込みと質問が届いております!
就職に関しての質問に対してどんどんお答えしていきます!


質問:
新卒でないと採用は厳しいのでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

ゲームプランナーとして採用希望とのことですが、過去に全然関係のない
営業職から縁故で紹介されそのままゲーム業界に入った方もいます。
最初は雑用係みたいなものか、プランナー、ディレクターという形で
今もつとめていらっしゃいます。
新卒でも中途でもプランナーとしての求められるスキルがあれば
業界はいつでもあなたを歓迎します!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
就職浪人をして中途採用をしてもらえるか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

上の質問の回答と似通ってしまうのですが、
ゲームデザイナーとしては、絵が描ければまずは最低限比較の対象とはなると思います。
就職浪人よりもその浪人中、デザイナーになるために何をしていたか?
そしてその結果今の画力は?デッサン力は?色彩能力は?とつながってきます。
新卒でも中途でもデザイナーとしての求められるスキルがあれば
業界はいつでもあなたを歓迎しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
私は、ゲームをつくったりアニメなどのグラフィックの技術的なスキルはなく、
パソコンの資格しかないのですがそれでもこの業界に就職することは可能でしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

どの業界に就職したいのかがわかりませんが、あまり資格の通用しない業界と言っていいかもしれません。
資格がどうこういうよりも、自分のなりたい職業のためにどれだけ勉強し、
またどれだけの資質があると判断されるかによると思います。
クリエイターとしての技術力がないけどクリエイターになりたいは通じませんし、
どの業界でも必要とされる事務方や経理面での就職であれば
クリエイターとしてのスキルは不要でしょう。
まずはなにになりたいのか。それも就職という目の前の話だけではなく
就職後1社会人として、もしかすると1クリエイターとして何を目指すのかによります。
自分がどうなりたいのかを考えて、それになるために必要な勉強をし、
それをアピールしていくことが就職への近道だと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

以上が回答となります。

なお、セミナーではもっと細かくお伝えしていきます。
今後の情報にご期待くださいませ!

他にも事前にお申し込みがあった人の質問にはブログからお答えしていきたいと思いますので、
興味のある方はぜひ応募ください!

=================================
1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!!

あと約1週間と差し迫った、1月31日(日)開催【ラクジョブ就職セミナー】に、
さらなる参加のお申し込みが届いております!
今回も、就職に関しての質問に対してどんどんお答えしていきます!


質問:
今現在、正社員として就業していますが、アニメ業界に転職を希望しています。
何分年齢的にも専門学校に通ってからの転職活動も難しいのではないかと悩んでおります。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

前回も転職に関する悩みにつきまして書きましたが、まずはおいくつなのか?という点です。
大学院までいった人が専門学校に入りなおして作画監督になった事例もありますので、
ある程度までは挽回が可能だと思いますが、30歳を越えての転職でしかも
今までのスキルを活かすことなく完全に一からだとよほどの才能がない限り難しいでしょう。
自分のスキルを活かしつつ、の転職であれば30歳以降でも可能です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
全く関係のない職種からの転職は可能でしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

どの業界のどの職種なのかがわかりかねますが
やはり作品を作りたいという情熱が一番肝要です。
アニメ、ゲーム、マンガを問わず、作りたい何かがあるから
この業界を目指すのだと思います。
それに向けて必要な勉強をしているかも大切ですね。
何を勉強していいのか分からないという場合、
ぜひ当日参加して質問をしてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

質問:
制作の経験が浅い者はどこをアピールすべきか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

制作進行として大切なのは、免許とコミュニケーション能力、
管理能力、体力と気力、つまり『やる気』です。
この全部がクリアできて、かつ我慢強い面を見せてアピールすることが
出来ればどこに行っても制作進行として通用します!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以上が回答となります。皆さんの業界就職への真剣さが伝わってくるものばかりです!

セミナーではもっと細かくお伝えしていきます。
他にも事前にお申し込みがあった人の質問にはブログからお答えしていきたいと思いますので、
興味のある方はぜひ応募ください!

=================================
1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!!

1月31日(日)に開催される【ラクジョブ就職セミナー】に、
続々と参加のお申し込みが届いております!
今回も、お申し込みいただいた方から就職に関して質問をいただきました。
イベントに先立ちまして、どんどんお答えしていきます!

質問:
質問というかお願いなのですが、独学で絵の練習をしているので、セミナーの中
で他の方の作品も拝見できればうれしいです。よろしくお願いします。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

ポートフォリオの添削を希望される方には当日作品をお持ちいただこうと考えております。

同じくらいの年齢の方の作品を見るのは、良い刺激となりますし、気になりますよね。

ぜひ参加者様同士でも作品を見られる、交流できる場を作りたいと思っています。

クリエイター系の就職にはポートフォリオは必需品ともいえます。
ぜひ、作成された作品のある方は、当日お持ちください!
(当日添削できない場合、提出していただき、後日添削させていただきます)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
仕事をしながら漫画家になるために頑張ろうと考えています。
そのような形で漫画家になった方はいるのでしょうか?
また、そのような方はどんな仕事について、どのくらいマンガを描いていたのでしょうか?
情報があれば教えていただきたいです。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

プロの漫画家になるまでは、会社に勤めながら・アルバイトをしながら
投稿されている方がほとんどだと思います。
田中圭一さんのようにマンガ家と会社勤めを両立されている方もいらっしゃいますが、
実際にマンガ家として生活していけるようになると
他のお仕事を辞めてマンガに専念するという形が一番多いと思われます。
(逆にいえば、マンガ家志望でマンガのみに専念されている状態、
というのは収入が無く生活していけませんよね。)
どのくらいの時間マンガを描いていたかという質問についてですが、
普通の会社員の方だとすると会社から家に戻られた時間、
つまり普通の人が仕事を終えた後の自由な時間を使い描くしかありません。
本気で仕事をしながらマンガ家を目指しているなら、
仕事以外の時間はすべてマンガに使う!という気概と続ける努力が大切です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
・アニメーション会社制作担当について必要な資格・能力等はあるか。
・制作進行にとって一番大事なスキルはなんですか?
・制作進行に就くために学んでおいた方がいい科目はありますか。
・制作進行の求人募集には必ず、普通自動車一種免許が入っています。
 今現在私は普通自動車一種免許を持っていないのですが、
 その場合だと求人に申し込むことはできないのでしょうか?
・制作進行は何かと激務で知られていると思います。実際の所、
 まともな生活が送れないほど激務なのでしょうか?
 もしそうだとするなら現場の制作進行の方はどのような生活リズムで生活しているのでしょうか?
・制作進行は経験を積むと他の仕事をまかされたりするのでしょうか?
 あるとしたらどのような仕事を任されるのでしょうか?
・制作進行からアニメの演出家になれますでしょうか。
・アニメーターの方が薄給なのは広く知られていますが、
 制作進行はどうなのでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

制作担当とは制作進行の事でしょうか?
ここでは制作進行について、まとめてお答えしますね。

制作進行に必要な資格は【運転免許】です。制作進行に運転免許は必須です。
もし募集要項に必須でないと書かれていたとしても、持っていた方が良い資格です。
各スタジオの行き来には必ず車が必要となります。
車ではなく電車を使う、というお話も聞いたことがありますが、
スタジオ周りが深夜に及んだ場合などはやはり車が必要になると思います。
また、進行の遅れで業務が長引く、休みが不確定になるなどは制作進行にとって避けて通れない道です。体力をしっかりとつけておいてください。

必要な科目、といって直接当てはまるものはないとおもいます。
アニメの知識はあった方が良いですが、やる気があれば勤めてからでも学ぶことができます。
今はそれよりも、サークルやアルバイト、ゼミなどでいろんな年齢・立場の人と接する機会を持ってください。
制作進行は多くの人とコミュニケーションをとり、各部署のパイプ役もこなし、管理する仕事です。
誰とでも話せる・コミュニケーションがとれる、というのはとても望ましい能力です。
ぜひ、今は人と接することに力を入れてみてください。

制作進行は体力が無ければ持たない、と現場を経験された方は仰います。
それだけ時間が不確定なことが多く、それに適応できずに辞めてしまう方が多いようです。

制作進行は経験を積むと制作デスクになります。
他にも制作進行から演出家、プロデューサーなどになられる方もいらっしゃいます。
もちろん続けていれば誰でもなれるわけではなく、
制作進行をしながらしっかりと知識をつけていかなくてはなりません。

制作進行は業界の登竜門のような職業です。
制作進行で業界の知識と人の繋がりを知り、人脈を得てプロデューサーやディレクターになった方、
会社を立ち上げた方が多くいらっしゃいます。
演出家についてはアニメーターからなる方や、制作進行からなる方など様々です。
制作進行として業界に入り、演出に必要な知識を得て、技術を磨き演出家になった方も数多いです。
制作進行は演出家の指示のもと各スタジオを回ることもあるので、より近くで学べると思います。
技術面については企業様によって異なるので(絵コンテががあまり描けなくても良いという企業様もあります)
実際に就職活動をされる時に、将来的な夢は演出家で、
制作進行からなれるのかどうかという疑問をしっかり聞いてみてください。

アニメーターとは違い、ほとんどの企業様で正社員雇用ですが、
とても待遇が良い、というものはあまり聞きません。
アニメーター同様、長い道ではありますが、
将来の目標(プロデューサーになるなど)を置き、それに向かって努力していって下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
企業の求人は具体的にいつから始まっているのか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■

求人については随時募集されている企業様もいらっしゃれば、
人員が欠けた時にのみ募集されるところ、もしくは毎年の通年採用されているところなど様々です。
通年の場合は一般企業様と変わらず、春・秋に行われているところが多いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
私は、2011年の新卒ですがやはりどの業界も厳しい状況だと聞いています。
現在の就職情報や試験のときに提出するポートフォリオの情報などを教えていただけたら幸いです。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■■

まず、ポートフォリオからやる気を伝えるためには作品数が多い方が良いと思います。
何百、何千もあったらそれだけで圧倒されますよね。
もちろん数の分だけ質が悪くなるのではなく、クオリティを保ったものであれば、量から伝わる

頑張りも倍増します。
(もし数が多すぎると言われた場合には自信のある作品を選んでおいてそれを見てもらってください)
作品の内容としては、彩色したものと線画の状態の物を用意すると良いようです。
アニメ会社の代表の方曰く、

『色を塗るとごまかされてしまう部分が、線画では隠せない。』

企業様は純粋なデッサン力、画力を見られています。
またひとつの物をいろんな角度から描いた物(俯瞰・煽りなど)も出した方が良いです。
企業様にとって能力がわかりやすいので作品には制作時間を書くといいかもしれません。
また最近のアニメに多い3DやFLASHについて勉強して作品を作ってみるのもアピールになるのではないでしょうか。
ぜひ作品作りの時に挑戦してみてください!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
業界における福利厚生と、新入社員の新人教育について

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■■

業界や各企業様によって相違点があるのですが、
最近ではアニメーターを正社員とする企業様も増えています。
職種によって違いは有りますが、福利厚生をしっかりとし、
待遇面からも業界の改善をしようと考えられている企業様は多くいらっしゃいます。
事務・経理関係を希望とのことで、新人教育は一般企業様と変わらないと思いますが、
こちらも企業様によって違いがあると思いますので実際に気になる企業様に聞いてみてください。

また、どんなところに行っても「自分から聞く姿勢」が新人には必要です。どんどん先輩から知識を

吸収していってください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
今通っている学校が理工系の学校なので希望の業種と関係無いので、
独学で描く練習をしても、専門で習ってきた方たちには実力で劣っていると感じてしまいます。
どのくらいの画力を求められるのでしょうか?

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■■

プロのイラストレーターを希望されているなら、
今、プロとして働かれている方と同じくらいの画力が求められます。
専門学校の方は専門で勉強されていますが、『プロを目指す』と言う点では同じ立場なので、
画力についてご自分と比べる必要はないのではないでしょうか?
しっかりと学ばれたい!と思われるのなら、専門学校に入るのも確かな方法のひとつです。
画力については、弊社のトップページを見てみてください。
トップのイラストはイラストレーターのokamaさんに描いていただいています。
イラストレーターになる、ということはokamaさんのように今プロとして働かれている方と
肩を並べて仕事をする、ということです。
そこで貴方の絵が商品として売れることがイラストレーターになる、ということです。
つまり売れるに足る画力が必要です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


質問:
今現在、正社員として就業していますが、アニメ業界に転職を希望しています。
何分年齢的にも専門学校に通ってからの転職活動も難しいのではないかと悩んでおります。
そのあたりのお話もお聞きできればと思っています。よろしくお願いいたします。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■■■■■■■

実際就職されてから専門学校に入るという方は増えています。
その後、アニメーターとして働かれている方もいらっしゃいます。
ただ、新人として入るのが30歳を過ぎてしまうと体力的に難しい、
というのも企業様からお聞きしていますので、入るなら早い方が良いようです。
専門学校に行かれている方の方が、知識も技術もありますが、
企業様の中には「やる気があれば一から教えます」と言ってくださるところもあります。
入りたい企業が決まっているのであれば、その企業の人事担当者に直接確認してみてください。
特に決まっていないのであれば、早ければ早いほどよいですが
30歳未満ではないと厳しいかと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


以上が回答となります。皆さんの業界就職への真剣さが伝わってくるものばかりです!

セミナーではもっと細かくお伝えしていきます。
他にも事前にお申し込みがあった人の質問にはブログからお答えしていきたいと思いますので、
興味のある方はぜひ応募ください!

=================================
1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


=================================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

皆様のご参加お待ちしております!!


いつもお世話になっております。
ビハイア株式会社の交流会担当の大下です。

おかげさまで業界専門の交流会も第20回を迎えることとなりました。
気持ちを新たに新年第一回目であり、通算20回目の交流会を開催いたします!

業界発展の為には、良質な出会いの場が必要です。

ビ・ハイアの交流会から、
「協力会社が飛躍的に増大した」「仕事が発生した」
といううれしい言葉を毎回頂戴しております。
会いたい企業や交流会に対するご要望がある方は、

事前にビ・ハイア社員に是非ご相談ください!
皆様のご参加心よりお待ちしております。

※ご参加表明が遅れてしまうと、当日のリストに反映されない恐れがあります。
お早めにお申し込みください。
=============================
【第20回アニメ・ゲーム・マンガ業界経営者交流会】
日時:2010年2月9日(火) 19~21時 受付18時30分より
会費:無料
場所:東京都渋谷区神南1-12-13渋谷シダックスビレッジ2階
参加人数:150名~200名程度

【参加要件】
◆アニメ・ゲーム・マンガ業界に関連する企業
◆「法人」代表の方及び役員以上の方(執行役員は不可)
◆上記の方のご同伴者
◆東証1部、2部企業のプロデューサー様
◆一度ビ・ハイア社員が、お会いし趣旨をご理解いただいている企業様
会いしたことがない企業様は、お気軽にお問い合わせください。
弊社の営業が、日程を調整し訪問させて頂きます。
=============================
【お声かけしている企業様】
ゲーム・・・SCE、ゲームポット、サン電子、テクモ
アニメ・・・プロダクションアイジー、A.I.C.、マッドハウス
マンガ・・・講談社、一迅社
その他・・・セルシス、アニメイト、ホビージャパン
=============================
【お申し込み先について】
交流会のお申込頂く人数分、下記の必要事項をご返信ください。

社名:
お役職:
お名前:
連絡先:

ビ・ハイア株式会社交流会担当 大下宛
メール:sales@raku-job.jp
電話:03-5953-8795
=============================
【プレゼンテーション】
業界発展の為に情報発信の場として、
毎回1~4社程度プレゼンを行って頂いております。
プレゼン後は、商談ブース、商品の展示ブースもご用意しております。

株式会社藤塚零太郎商店

株式会社ウェブテクノロジ・コム
http://www.webtech.co.jp/

※残すところあと2枠です!。
お申し込みは弊社営業にお問い合わせください。

10分・・・80,000円(税抜)
 5分・・・50,000円(税抜)
ブース単体・・・30,000円(税抜)

使用できる機材
スクリーン、プロジェクタ、音響機器、マイク、机、椅子 etc

こちらは全て当日の飲食代にありがたく使わせていただきます。
※会場費は弊社が負担させて頂いております。

※お申し込み後のキャンセルは、全額頂戴いたします。
ただし、次回の交流会時にプレゼンをすることができます。
=============================
【交流会の趣旨・理念について】
下記URLをご参照ください。
http://raku-job.jp/enterprise/man/
http://raku-job.jp/blog/2008/12/2-2.html
=============================
【名札の色分けについて】
なお、交流会ではマッチングしやすくするための一環として
受け付けの際に色マジックで会社名の記入をお願いいたします。
色分けにつきましては下記をご参照ください。

赤・・・アニメ
黒・・・ゲーム
黄・・・マンガ
青・・・その他
=============================
【交流会の流れ】
18時30分 受付開始
18時45分 新規参加の方への弊社代表からのご挨拶
19時 開始 開催のあいさつ
19時5分~ 交流・プレゼンタイム
21時頃 終了

初参加の企業様へ 18時30分に会場で受付をお願いします。
弊社代表から挨拶がございます。
=============================
【お問い合わせ】
交流会についてご質問等ございましたら
sales@raku-job.jp または 下記電話番号までご連絡下さい。

定員は40名 告知して2日で既に10名が埋まりました。

http://raku-job.jp/blog/2010/01/122.html
でもお知らせしておりますが、第5回案件説明会を1月22日(金)19時より開催いたします。

今回はモバイルのレベニューシェアモデルでの企画開発案件を主に取り上げますが、
他にも追加の情報が入ったのでお知らせいたします。

案件名 モバイルソーシャルゲーム企画開発案件 
発注元 ガンホーオンラインエンターティメント様
概要  ソーシャルネットワークゲームの企画開発
    企画を持ち込んでもらい、発注するかどうかを決める。企画大歓迎。
    レベニューシェアモデルか、完全受託かどうかは企画ごとに決定。
    プラットフォームは携帯のmixiなどのSNS上で動くゲーム

案件名 iPhoneゲーム企画開発案件
発注元 一部上場企業ゲーム開発会社
概要  iPhoneゲーム企画開発案件
    企画を持ち込んでもらい、完全受託で開発をお願いする。
    iPhoneの特性を理解しているところにお願いをしたい。

この他にも3DCGの受託開発案件などあります。
その他直近で入ってきた案件などは当日公開いたします。

ラクジョブスタッフはアニメゲームマンガ業界の発展のため、この案件説明会を開催しております。
関東を中心に数千社のアニメゲームマンガ業界に毎日営業に回っておりますが、
最近はこのように携帯電話、スマートフォンの案件が多くあります。
DSやPSP、PS3の案件に比べると受託金額自体は少ない金額となりますが、
中型、大型の受託案件よりも売上は低いが利益率が高く、自由度が高い案件が数多くあります。

この機会にぜひ挑戦してみてください。

開催概要を再度お知らせいたします。

【日時】
2010年1月22日(金) 19時15分~21時 受付19時より

【会費】
個人事業主の場合1名につき3000円
企業様の場合1名につき5000円
(その場で領収書をお出しします)

【場所】
東京都渋谷区神南1-12-13渋谷シダックスCホール
各線渋谷駅より徒歩5~10分

【スケジュール】
19時~受付開始
19時15分~説明会開始

【お申し込み先について】
説明会のお申込は説明会担当の大下まで、
社名、お役職、お名前、連絡先、を参加人数分ご連絡ください。

応募多数の場合は、先着順に手締め切らせていただきますので、
必要な方は早めにお申込みをお願いいたします。

電話:03-5953-8795 メール:news1@raku-job.jp
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

ビ・ハイアはアニメ・ゲーム・マンガ業界発展のため
こうした案件情報の配信などを行っていく予定です。

今後も何卒よろしくお願いします。

いつもお世話になっております。ビ・ハイア運営事務局です。

突然ですが、皆様はまだ、足とツテを使った営業活動をされていますか?
いつになったら受注が決まるかわからない案件をいくつも抱え、
さらなる確定案件のために奔走していませんか?

アニメ・ゲーム・マンガ業界の発展を望むビ・ハイア株式会社は
そんなゲーム業界の皆様の姿を望んでいません!!
ゲーム会社ならば、一番注力すべきはゲーム開発!
しかも、コミュニケーション能力のある方こそ、営業ではなくディレクションに回るべきです。

この習慣を抜け出せないものか、弊社は設立当時から試行錯誤しておりましたが
ついに今年、そんな理想的なシステムを提供できるようになりました。
それが、「ラクビジシステム」です!!

ラクビジシステムとは、web上でのビジネスマッチングシステムです。
アニメ・ゲーム・マンガ業界に限定した案件しか扱いません。
また、ご利用料金についても

発注社様側はずっと無料でご提供、
受注社様側は、成功報酬や商談発生主義より安いお値段でご利用いただけます!(※)

これまで、ずっと弊社は手作業で案件のご紹介をしておりましたが、
ついに、もっと速く、リアルタイムで案件の進行が管理できるシステムをご提供できることになりました。

まずは、その目でお確かめください。
(見積もりを出す場合は、有料会員登録が必要となります)

ラクビジシステム
http://www.raku-biz.jp/rakubiz/user/index.php

もっと詳しいことが知りたい!という方はsales@raku-job.jpまでお問い合わせください。
また、案件は生ものですのですぐに下げられてしまう可能性があります。
少しでも案件に興味を持った企業様は、すぐにお申し込みください!

※...月額使用料をいただきますが、商談発生によりお金をいただくことはないため、キャンセルが発生しても損にはなりません。

GREEが2010年春からオープン化することが決定。
http://www.gree.co.jp/news/press/2010/0112.html

これで国内大手SNSすべてがオープン。
mixi1700万名
モバゲー1600万名
GREE 1700万名
合計 5100万名(多少かぶっているユーザーもいますが細かいことです)
のユーザーにリーチできるようになります。
ソーシャルゲームにすごいチャンスがやってきたようです。

いままでのどのゲームハードよりもユーザーが多く
いままでのどのゲームハードよりも課金がしやすく
開発費用は数百万円
昔のファミコン、スーパーファミコン以下の開発費用で
数千万、1億円以上の利益を見込める市場が一瞬で誕生しました。
これゲーム会社にとってはすごいチャンスです。

ここにゲーム会社がこのプラットフォームの特性を理解し、そこに面白い、と思うユーザーが望むゲームを作れば、今まで培ってきたゲームのノウハウを生かして成功することができるのです。

DS、PSPの携帯ゲームを作るときはDS、PSPを理解し、DS、PSPのユーザーが面白いのは何か?と考えて作ってきた

PS3、XBOX360ような次世代機ゲームを作るときはPS3、XBOX360を理解し、PS3、XBOX360のユーザーが面白いのは何か?と考えて作ってきた

今回も同じです。プラットフォームを理解し、そこで面白いと思うゲームは何か?ということを考えてゲームを作ってほしい。今までの既存のハードウェアの作品を移植するだけでは、PS3の作品を無理やりDSに移植するようなものしかできません。

しかし、そこにさえ気づいてしまえばあとは面白いゲームをつくる能力がゲーム会社の人たちには山のようにあふれている。今のゲーム会社も、ゲームクリエイターを目指している若者たちも、このチャンスに挑戦しない手はない。というわけでラクジョブは下記のような企画を緊急でぶち上げます。

『ソーシャルゲーム(携帯電話版)参入説明会開催』

この一大チャンスに挑戦する為、ラクジョブが開発補助金を出します。モバゲー上で動くゲームをこの機会に作りたい!と挑戦したい人たち、企業の方々いたら企画を見て、依頼をしようと思っています。

【参加要件】

モバイルゲームを開発できる人。企業であっても、個人のチームであってもかまいません。企画さえよければ数十万円から数百万円の開発補助金とレベニューシェア(アプリが利益を出せば出すほどそのゲームを作った方々に報酬を払います)でゲーム開発をお願いします。

【日時】
2010年1月22日(金) 19時15分~21時

19時~受付開始
19時15分 代表挨拶
19時30分 モバイルゲームの現状
19時45分 モバイルゲーム開発の概要 これが終わり次第質疑応答

【場所】
東京都渋谷区神南1-12-13渋谷シダックスCホール
各線渋谷駅より徒歩5~10分

【会費】
個人事業主の場合1名につき3000円
企業様の場合1名につき5000円
(その場で領収書をお出しします)

【お申し込み先について】
説明会のお申込は説明会担当の大下まで、
社名、お役職、お名前、連絡先、を参加人数分ご連絡ください。

応募多数の場合は、先着順に手締め切らせていただきますので、
必要な方は早めにお申込みをお願いいたします。

電話:03-5953-8795 メール:news1@raku-job.jp

GREEが2010年春からオープン化することが決定。
http://www.gree.co.jp/news/press/2010/0112.html

これで国内大手SNSすべてがオープン。
mixi1700万名
モバゲー1600万名
GREE 1700万名
合計 5100万名(多少かぶっているユーザーもいますが細かいことです)
のユーザーにリーチできるようになります。
ソーシャルゲームにすごいチャンスがやってきたようです。

いままでのどのゲームハードよりもユーザーが多く
いままでのどのゲームハードよりも課金がしやすく
開発費用は数百万円
昔のファミコン、スーパーファミコン以下の開発費用で
数千万、1億円以上の利益を見込める市場が一瞬で誕生しました。
これゲーム会社にとってはすごいチャンスです。

ここにゲーム会社がこのプラットフォームの特性を理解し、そこに面白い、と思うユーザーが望むゲームを作れば、今まで培ってきたゲームのノウハウを生かして成功することができるのです。

DS、PSPの携帯ゲームを作るときはDS、PSPを理解し、DS、PSPのユーザーが面白いのは何か?と考えて作ってきた

PS3、XBOX360ような次世代機ゲームを作るときはPS3、XBOX360を理解し、PS3、XBOX360のユーザーが面白いのは何か?と考えて作ってきた

今回も同じです。プラットフォームを理解し、そこで面白いと思うゲームは何か?ということを考えてゲームを作ってほしい。今までの既存のハードウェアの作品を移植するだけでは、PS3の作品を無理やりDSに移植するようなものしかできません。

しかし、そこにさえ気づいてしまえばあとは面白いゲームをつくる能力がゲーム会社の人たちには山のようにあふれている。今のゲーム会社も、ゲームクリエイターを目指している若者たちも、このチャンスに挑戦しない手はない。というわけでラクジョブは下記のような企画を緊急でぶち上げます。

『ソーシャルゲーム(携帯電話版)参入説明会開催』

この一大チャンスに挑戦する為、ラクジョブが開発補助金を出します。モバゲー上で動くゲームをこの機会に作りたい!と挑戦したい人たち、企業の方々いたら企画を見て、依頼をしようと思っています。

【参加要件】

モバイルゲームを開発できる人。企業であっても、個人のチームであってもかまいません。企画さえよければ数十万円から数百万円の開発補助金とレベニューシェア(アプリが利益を出せば出すほどそのゲームを作った方々に報酬を払います)でゲーム開発をお願いします。

【日時】
2010年1月22日(金) 19時15分~21時

19時~受付開始
19時15分 代表挨拶
19時30分 モバイルゲームの現状
19時45分 モバイルゲーム開発の概要 これが終わり次第質疑応答

【場所】
東京都渋谷区神南1-12-13渋谷シダックスCホール
各線渋谷駅より徒歩5~10分

【会費】
個人事業主の場合1名につき3000円
企業様の場合1名につき5000円
(その場で領収書をお出しします)

【お申し込み先について】
説明会のお申込は説明会担当の大下まで、
社名、お役職、お名前、連絡先、を参加人数分ご連絡ください。

応募多数の場合は、先着順に手締め切らせていただきますので、
必要な方は早めにお申込みをお願いいたします。

電話:03-5953-8795 メール:news1@raku-job.jp

あなたのためにならなかったら全額返金OK アニメゲームマンガ業界に入るための必須知識満載 ラクジョブ就職セミナー第二回2010年1月31日開催決定!のポスターが完成しました。あなたの学校に出現したチェックしてみてください。

アニメゲームマンガ業界に就職するためには、通常の就職活動では教えてくれない色々な事実があります。それをすべてお伝えします。

semina-posuta-.jpg  

 

『新着求人』「SHUFFLE!」「みなみけ」「喰霊 零」などのヒットアニメを制作したアスリードが制作進行を募集します!/株式会社アスリード

にて告知させていただいた求人ですが、すでに終了してしまいました。集め始めたのが年末で、ラクジョブで本格的に告知したのが5日前。しかし応募殺到につき終了です。これからも別の制作進行の求人は増えていく予定ですのでしばらくお待ちください!

皆さんアニメ見ました?このお休みの期間中、ラクジョブスタッフはたまっていたアニメを見たりしました。遅ればせながら空の境界のアニメを全巻一気に観たり、FF13クリアしたり、楽しい休日でした。休日をしっかり過ごしてこそ、平日もしっかり過ごせる!アニメゲームマンガに感謝ですね。

2009年10月に徳島で行われた「眉山秋フェスタ×マチアソビvol.1」に引き続きマチアソビvol.2」が開催されます。
概要は下記の通り。

期間
1月16日~31日
イベント多数あるのが23日24日です。

公式ホームページに記載されていますが
下記のイベントの開催が予定されています!

遊戯王カードゲーム大会!
近藤隆ロープウェイアナウンス
とくしまグルメハント!
アニメ「トリコ」原画展
なつかしのアニメフェア!
つきねこラジオ公開録音
つきねこ 徳島再上陸!

詳細は下記のURLから。
http://www.machiasobi.com/

多数の参加をお待ちしています!
ビ・ハイア株式会社の大下です。

このたび弊社はモバゲーやmixiといったプラットフォームに向けた
モバイルゲーム分野参入説明会を開催いたします。

モバゲーやグリーの躍進が目覚ましいモバイルコンテンツ業界に
興味をお持ちの企業様はかなり多いと思います。

とはいえ、そこに参入をしようと考えていたとしても
何をどのように進めるのか、どうすれば開発できるのか、
どういったところと組めばいいのかなど、
わからないことが多数あって、それが参入の障壁になっています。

弊社はアニメ・ゲーム・マンガ業界に約4000社のネットワークを持っており
外注先や提携先となる様々な企業を集めることができます。
モバゲー市場やmixiなどのソーシャルネットワークゲーム市場への参入など
モバイル分野に限らず参入支援を積極的に進めております。

すでに具体的な話になっていて、開発が進んでいる案件から
現在参入に向けて最終調整を進めている企業様もございます。

ちょうど参入を検討していた企業様や、興味を持っていたが参入できなかった企業様、
モバイルコンテンツを運営しているもののゲームには参入できていない企業様など
数多くの企業様の参加をお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------
モバイルゲーム参入説明会の概要は下記のとおりです。

【日時】
2010年1月22日(金) 13時~15時

【場所】
東京都渋谷区神南1-12-13渋谷シダックスCホール
各線渋谷駅より徒歩5~10分

【スケジュール】
13時~受付開始
13時15分~説明会開始
15時~質疑応答
16時~説明会終了

【お申し込み先について】
説明会のお申込は担当の大下まで、
社名、お役職、お名前、連絡先、を参加人数分ご連絡ください。

応募多数の場合は、先着順に手締め切らせていただきますので、
必要な方はお早めにご連絡をお願いいたします。

電話:03-5953-8795 メール:news1@raku-job.jp
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今後も、ビ・ハイアはアニメ・ゲーム・マンガ業界発展のため
継続的に情報の告知などを行っていく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。
list.jpg
sub4.jpg



株式会社アスリードは、2003年11月に設立以来数多くの作品を手掛けてきました。
今回制作体制の強化の為に、アニメーションの要である制作進行職を募集します!

アニメ制作において制作進行は必要不可欠な職業です。
制作進行を経てデスク、プロデューサーとなって成長することで、
将来的には自らが制作する題材を見つけて、アニメ化することも夢ではありません。
その第一歩となる制作進行職の募集です。
皆様の応募をお待ちしております!

『1/31 ラクジョブセミナー質問・回答』 グラフィッカーの就職に必要なのはデッサン力か?CGスキルか?

あなたのためにならなかったら全額返金OK アニメゲームマンガ業界に入るための必須知識満載 ラクジョブ就職セミナー第二回2010年1月31日開催決定!

などでお伝えしているセミナーの追加情報が入りました。アニメ業界とマンガ業界のゲスト確定です。

2010年、ビ・ハイアは学生の皆さんを精一杯応援いたします!!

アニメ・ゲーム・マンガ業界への就職を考える学生の方に対して、

ビ・ハイアは何が出来るのか、
どんな情報を提供すれば学生の皆さんのためになるのか、
一体何が皆さんのやる気につながるのか、

それを真剣に考えたイベントが、この第2回ラクジョブ就職セミナーです!


今回はご講演いただくゲスト様の中から
まずはアニメ業界・マンガ業界のお二人をご紹介させていただきます!

==================================================================

【アニメ】
株式会社ジーベック 代表取締役 下地志直様
http://www.xebec-inc.co.jp
テレビアニメーションの製作、劇場用アニメーションの製作、コマーシャルフィルムの製作などを行う。
制作タイトル:『機動戦艦ナデシコ』『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』『蒼穹のファフナー』『武装錬金』『ゾイド -ZOIDS-』など。

代表の下地様は制作進行からアニメ業界に入り、その後制作プロデューサーを経て、
今の会社であるXEBEC(ジーべック)を立ち上げました。
アニメは『面白さこそがメインテーマ』をモットーとし、その実現を目指しています。
より良い環境下での制作、そしてこれからのクリエイターの育成が必要であると考え、
自らが掲げたアニメ実現のため、日夜努力していらっしゃいます。

【マンガ】
株式会社講談社 月刊アフタヌーン編集長 吉田昌平様
http://www.kodansha.co.jp/
書籍、雑誌、コミックの出版など
制作タイトル:月刊アフタヌーン(蟲師、おおきく振りかぶって、ああっ女神さまっなどを連載)

編集長の吉田様は入社以来、ずっとマンガの編集に携わってきました。
講談社では文芸など多数のジャンルの本を出版しており、人事異動もあることから、
たいていの場合、様々なジャンルの編集に携わるのが通例ですが、
吉田様はかなり珍しい例としてずっとマンガの編集を担当してきました。
マンガに対する見識は深く、「マンガに対してどれだけ誠実であれるかが大切だ」
という考えを持って、仕事をされています。

===================================================================

お二人とも、『真剣に業界を目指す、若い力』が必要だと考えています。
皆さんと直に接し、アドバイスしていただけるこの機会のために、ご講演を快諾いただきました。
『現場』をこれ以上ない程知る『プロ』に直にお話を聞くとても良い機会です。
このお二人のプロ意識をぜひ会場で感じてください。

今も現役で作品を作られている皆さんの大先輩が、


皆さんの今持っている悩みをどのように乗り越えてきたのか、

どんなふうに業界の勉強をすればいいのか、

実際に制作進行や編集者は、実際どんな仕事をするのか、


正直に思うまま語っていただきます。

ぜひ、今も現場で働くプロの方から生の話を聞き、直に疑問をぶつけてください!


そんな生の声が聞ける第2回ラクジョブ職業セミナーは1月31日(日)開催です!
1月の終わり、2月からのスタートに、真剣に業界就職のために動き出してみませんか?


【ゲスト様について】
ゲスト様はまだまだお呼びします!
新情報が入り次第、お知らせいたします。


参加を迷っている方、まずは会場に来てみてください。
そしてセミナーに参加し、満足のいく内容かどうかしっかりと判断して下さい。
自信があるからこその全額返金対応、試してみないのは勿体ないと思いませんか?
業界就職に興味のある方、ご参加を心よりお待ちしております。

ご参加は事前お申し込みより受付中です。
以下の1)~6)にご記入ください。

============================

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、会員メールなど):
6)就職に関しての質問:

============================

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

※学生向けのイベントとして開催していますが、
業界就職を目指したいと考えている方にもご参加いただいております。年齢、職業は関係ございませんので、業界に興味のある方はぜひご参加ください!

皆様のご参加、心よりお待ちしております!

あなたのためにならなかったら全額返金OK アニメゲームマンガ業界に入るための必須知識満載 ラクジョブ就職セミナー第二回2010年1月31日開催決定!

のセミナーの事前受付が早くも申し込まれています。その中で下記のような就職に関する質問がありました。

就職に関しての質問:
デザイナーになるためには、
「即戦力になるためにCGなどに詳しくなっておいたほうが良い。3DCGも出来て当然。」

との声と

「センスやものづくりの才能を見たいから、無理してCGなどを作らなくても良い。(極端な話)デッサンが出来て、絵が描ければよい。」

という両極端な話を聞いたことが多々ありますが、実際の現場ではどのように考えられているのでしょうか。

これについてはよく受け付ける質問なので、お答えしたいと思います。

■■■■■■■■■■下記回答■■■■■■■

2DCGの場合、デッサン力があればPhotoshopなどが使えなくとも会社に入ってからCGを学びあとから技術を身につけることもできます。ただゲームの2DCGデザイナーは彩色のスキルも求められますので、モノクロの線画のみではよほどの才能がない限り合格するのは難しいかもしれません。

3DCGの場合、新人を育てる余裕のある企業では、2DCGのときと同様にデッサン力があれば採用される可能性もありますが、3DCGデザイナーを目指すのであれば、たいていの企業において作品選考もありますし、3DCG作品を制作して提出する必要があります。そのためCG制作なしでの合格は極めて難しいでしょう。

というのは一般的な回答です。今回の質問は両極端な質問でしたのであえて極論にて答えようと思います。

つまり、

CGソフトが完璧に使いこなせるがデッサンなどは普通から普通以下の人

CGソフトは全く使えないが、デッサンは完璧で絵のセンスも良い人

どちらをとるか、という質問として答えてみようと思います。回答としては

CGソフトは全く使えないが、デッサンは完璧で絵のセンスも良い人

が採用されるでしょう。これはデザイナー出身の社長さん達が言うことなのですが

『ソフトの使い方は半年から一年もあれば覚える。ただし、絵のセンスやデッサンは半年や一年程度ではよくならない。だから、どちらかというとデッサンがきちんとできていてCGソフトはとりあえず触った程度の人くらいのほうが採用する』

とのことです。これが現場の大多数の声です。CGソフトの使い方は現場で触ればすぐ覚えるというのが大半の意見です。

■■■■■■■■■ここまで回答■■■■■■■

以上が回答となります。セミナーではもっと細かくいろいろとお伝えする予定です。他にも事前にお申し込みがあった人の質問はお答えしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

ちなみに、ラクジョブスタッフがこの前FFシリーズに参加している有名で実力もあるデザイナーさんと話したことがあります。その人も3DCGの面接の際はCG作品も一応見るが、デッサンや2Dの作品のレベルをしっかりと見る、という話をされていました。

以上、よろしくお願いいたします。

下記は1/31のセミナーの概要です。同じように質問がしたい人はお申し込みください。

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:



記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

開催概要

日時 2010年1月31日 10時~20時まで

参加費用 前回と同じ5000円を予定 ただし、ためにならないと本気で感じたら全額返金します(その代わり、こちらも本気で教えます)

場所:渋谷SHIDAXホール2F BCホール
http://www.shidax.co.jp/ssv/access.html
(最寄駅:渋谷駅ハチ公口)

■内容
・職種業界紹介セミナー
・ゲスト講演(大手出版社の編集長、有名アニメ会社の社長を呼ぶことが決まっています)
・インターン・求人情報の告知
・学生作品、ポートフォリオの添削

■その他企画
・参加者プレゼント(まだ未定 前回はプリンターやスキャナ、図書などをプレゼント)
・面接指導コーナー

など、企画盛りだくさんな内容でお送りいたします!

前回の参加者の声はこちらを参考にしてください。

http://raku-job.jp/blog/2009/12/20091226-2.html

■他のセミナーとの違い

我々はアニメゲームマンガに対して本気です。アニメゲームマンガの発展を心の底から考えています。作品は人が作るものです。ラクジョブは今いるクリエイターの発展と成功、そしてこれからはいるクリエイターを目指す人たちのことを本気で考えています。

そのため、このセミナーは他とは違う大きな特徴がいくつかあります。

1.現場主義に徹底すること。業界の現場の情報しか伝えない。

2.講演していただく方はすべて現役で活躍している方のみ。OBや未経験者は一切使わない。

3.業界の先輩が業界に入ってくる人たちに伝えたい本当の声を伝える。

です。そして何よりの違いは

聞きに来たあなたがためにならないと感じたら全額返金OK

前回も2~3割の方が我々の力不足で返金になってしまいましたが、銀行の支店名が分からない、という方々以外はセミナー開催の翌日に返金いたしました。

返金OKにするということはこちらも本気です。真剣に皆さんがためになる情報を伝えようと頑張りたいと思います。業界の発展と、皆さんの成功を真剣に考えているセミナー、それがラクジョブセミナーです。

■事前のお申し込みについて

前回のセミナーは講演内容の変更と告知期間の短さがあったのですが、それでも延べ30名近い方が参加していただけました。今回は告知期間が長く、ゲストの方もしっかりといらっしゃいます。なのでお申し込みが増える可能性がございます。

もし必ず参加したい、という人は事前に必ずお申し込みください。会場がそれほど広くないので、規定人数(60-80人)のお申し込みが来た段階で、お申し込みを締め切らせていただく可能性が高いので予めご了承ください。

下記の項目に入力をお願いします。
4)以外はすべて必須項目です。
3)に関しましてはいずれかを必ずご記入ください。

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:

4)希望業界・希望職種:
5)このイベントを何で知ったか(例:ラクジョブログ、ポスターなど):
6)就職に関しての質問:


記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

それでは、1月31日お会いできることを楽しみにしております。下記は前回参加者の手書きの感想一覧です。興味のある方はご覧ください。

1.gif

2.gif  

3.gif

4.gif

5.gif

6.gif

7.gif

8.gif

9.gif

10.gif

11.gif

12.gif

13.gif

最後までチェックしていただきありがとうございます。最後にもう一度だけ事前のお申し込みについて告知させてください。スタッフは本日、大掃除をした後、全員で映画館にワンピースと宇宙戦艦ヤマトを観に行きます!よいお年を!!

■事前のお申し込みについて

前回のセミナーは講演内容の変更と告知期間の短さがあったのですが、それでも延べ30名近い方が参加していただけました。今回は告知期間が長く、ゲストの方もしっかりといらっしゃいます。なのでお申し込みが増える可能性がございます。

もし必ず参加したい、という人は事前に必ずお申し込みください。会場がそれほど広くないので、規定人数(60-80人)のお申し込みが来た段階で、お申し込みを締め切らせていただく可能性が高いので予めご了承ください。

下記の項目に入力をお願いします。
4)以外はすべて必須項目です。
3)に関しましてはいずれかを必ずご記入ください。

1)氏名:
2)学校名:
3-1)メールアドレス:
3-2)電話番号:
4)就職に関しての質問:

記入が完了いたしましたら、
news1@raku-job.jp までご返信いただくか、
または 03-5953-8795 までご連絡ください。
受付次第、こちらから折り返しご連絡させていただきます。

それでは、1月31日お会いできることを楽しみにしております。下記は前回参加者の手書きの感想一覧です。興味のある方はご覧ください。

 

ラクジョブをご利用の皆さんあけましておめでとうございます。

ラクジョブの社長と、主要スタッフがお正月のほとんどを使ってFF13をクリアしました。

今回のFF13はクリア時間が50~60時間といわれていますが、途中より道のイベントを頑張ってこなしたので70時間くらいかかりました。賛否両論あると思いますが、スタッフの感想としては面白い、というのが大変でした。

今回のFFは13章構成になっているのですが、10章までが一本道です。ひたすらキャラクターを一本道に沿って進ませていき、戦闘をこなし、イベントを見る、というのが30時間くらい続きます。(スタッフによっては20時間の人も)。そして、11章から普通のRPGのようにいろんなところを歩きまわれて自由度が一気に高くなります。そこから急に面白くなります。

つまり本当の面白さは30時間近くプレイしないとわからない!今回のFFはなんというツンデレ仕様なのでしょう!

これが日本のゲームの王者としての自信ですかね!賛否両論あるみたいですが、スタッフ一同楽しませてもらいました。400万台普及しているPS3で150~180万本既に売れたというニュースもありますし、出だし好調ですね。

PS3という日本の次世代機ハードで100万本突破作品が出たのは初めてです。ユーザーの皆さんには伝わりませんが、求人動向を見ていると半年ほど前から次世代機の開発が増えているのです。今までそれほど必要としなかった3DCGデザイナーが急に求められるようになった。これ、2~3年くらい前だと、DSの2DCG、ローエンドの3DCGの求人ばかりだったのです。そのころはDS全盛期でした。

ということはこれからPS3の時代が来るのでしょうか!?ラクジョブの主要スタッフはほとんどPS3を発売日に買っています!PS3で面白いゲームが増えて、業界も求人も元気になり、そのお手伝いができることを祈る新年でした!

どうでもいいアニメゲームマンガに関しては悲観論、批判論ばかりが目につきますが今年もアニメゲームマンガが発展するようラクジョブはがんばります。

劇場版宇宙戦艦ヤマト復活編

劇場版ワンピースストロングワールド

これをラクジョブスタッフで見に行きました。社長と幹部が男性で31歳と30歳。あとは21~27歳の女性。というグループで見に行ったのですが、我々はそうとうヤマトの時は浮いていました。まず、20代の女性がほとんどいない!40~60歳のおじさま達とその子供らしき小学生たちばかり。

私たちが行った映画館は新宿のバルト9でヤマトもワンピースもほとんど満席だったのですが、ヤマトの時は女性がほとんどいなくてびっくり。ラクジョブスタッフでヤマトの劇場版をすべて見ていたのは社長だけだったのですが、昔のテイストがそのまま残っていて楽しめました。スタッフの女性たちも基本アニメ好きばかりだったので、ジェネレーションギャップを感じつつも面白い、と感じたみたいです。

つまり、宇宙戦艦ヤマト復活編はアニメ好きの女性が見てもある程度楽しめる内容みたいです。ただ、ヤマトは単独では女性が観に行かない作品なのでそれが興行成績に影響しそうで心配です。もっとも、おじさんパワーで跳ね返すかもしれません。

ワンピースに関しては若い女性がすごく多かった。ヤマトの時は映画館を上から見ると黒髪か、禿げた頭しか見えなかったけど、髪を染めた女の人がたくさん多い。服装もカラフルで若い。スタッフの女性たちも楽しめたようです。

そして感想なのですが、

劇場版宇宙戦艦ヤマト復活編

劇場版ワンピースストロングワールド

この二つ、それほどどちらかが一方がすごく面白くて、片方はつまらない、という感想になりませんでした。どっちも面白いし、楽しめた。じゃあ、ヤマトはすごく損をしてますよね。アニメ好きの女性が見ても楽しめるのにそこに対する宣伝ができてない気がする。もったいないですね!

アニメ業界の発展のためにもアニメ映画がの興行成績が伸びることが重要です。アニメ好きの男性たちはデートでアニメ映画を見に行く時にマクロスやワンピースだけではなくヤマトも女性を連れて行ってみてください。思ったより楽しめるはずです!少なくともアニメ好きなら作画もきれいで安心して見れるし、カメラワークや演出が時代を感じてむしろ新鮮かもしれません。

アニメ業界の発展のためにも、皆さんアニメ映画を観に行きましょう!今月はスタッフ全員で

劇場版 Fate / stay night

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

を観に行きます。それでは今年もアニメ業界と、アニメ業界を目指す皆さんのためにラクジョブスタッフ一同がんばりたいと思います!今年もよろしくお願いいたします。

 

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。