『ゲーム業界情報』 一流のゲームプログラマーは話が論理的

1流といっていい実績をもったゲームプログラマーの方々に20名以上お会いして感じたことがあります。

・ゲームプログラマーは話が論理的
・ゲームプログラマーは論理的なだけではなく、話が面白く、コミュニケーション能力が高い
・ゲームプログラマーはおもしろいゲームとは?という哲学を持っている
・ゲームプログラマーは面白いゲーム、という視点を客観的に持っている。単にこのゲームが好き!というだけの感情だけではなく、客観的論理的視点を持っている
・ゲームプログラマーは喋るのがうまい人が多いのだけど、実はシャイな人が多い
・ゲームプログラマーは数学が得意
・ゲームプログラマーは英語が読める(喋れなくてもいいから読める)
・ゲームプログラマーは高校時代からゲームを自分一人で作っていた

この中でも

・ゲームプログラマーは話が論理的
・ゲームプログラマーは論理的なだけではなく、話が面白く、コミュニケーション能力が高い

ついて詳細を書いてみます。

一流のゲームプログラマーは話が論理的な人が多いです。プログラミング、ゲームプログラミングをする以上ゲームプログラマーの方々論理的になるのは必然なのかもしれませんが、自分がどうしてこう考えていて、その根拠は何か?ということをよどみなくしっかりとしゃべる人が多いです。聞いていて思わず納得。しかも、ゲームプログラミングのことが分からない人に対しても理解できる言葉でしゃべってくれます。

なぜこのゲームが面白いのか?
どうしてこのゲームが売れたのか?

ということをプログラマーの視点でしっかりとしゃべってくれるのです。あと、基本的に話が面白く、本人も喋るのが好きな人が多いです。1時間しゃべるのは当たり前。3時間もざら。一晩中しゃべり続ける人もいます。脳内で発想しているイメージがどんどん口からあふれ出ている、そんなイメージです。

ゲームプログラマーを目指している人達や、転職を考えている人達の一つの参考になればと思います。

このブログ記事について

このページは、ラクジョブスタッフが2008年11月27日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ゲーム業界情報』 ゲーム開発は30代が限界??」です。

次のブログ記事は「『ゲーム業界情報』 ゲーム好きとゲームプログラマーの違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。